2014.01.10

ゲストOSをCentOS6.5にアップグレード

先般、サーバーのホストOSを誤ってCentOS6.4から6.5にアップグレードした事によりVMwareWorkstationのコンソールが起動できなくなってしまい、急遽CentOS6.5から6.4に強制ダウングレードなる荒業を実施しましたが、今日はゲストOSをCentOS6.4から6.5にアップグレードします。

ホストOSはVMwareのようなスナップショット機能があるわけではないので、アップグレードに失敗(というか私自身まったく意図していなかった)すると悲惨なことになりますが、今日はVMware管理下のゲストOS、スナップショット機能で直前の状態に戻すことが出来ますので精神的にも非常に楽です。

アップグレード後にCentOS6.5とVMware仮想空間との相性の心配はありますが、すでに仮想OSとしてCentOS6.5の事例もありますしこちらも割りと楽観的。

でも念のためスナップショットを記録し、万が一の場合にも一番影響の少ないリバースプロキシサーバーからアップグレード開始です。

 

アップグレード前のシステムステータス。

通常のyumによるソフトーウェアアップデートを実施します。

しかし・・・セキュリティパッチを当てていたつもりがOSアップグレードまで突っ走るというのもOSの仕様としていいのかしら。

実行した後でその事実を知ることになる可能性が高いので、不具合が確認されたときにはスナップショットが取れない通常のインストールにおいてはもう手遅れですよね。

 

ソフトウェア更新で見ると、226個のアップデートが見つかっています。実際にはここから依存関係のあるモジュールが十数個後でインストールされます。

 

インストール中。

概ね15-20分で終了しました。

 

インストール完了後、再起動してシステムステータスを確認。

無事OSのリビジョン、LinuxカーネルのリビジョンがCentOS6.5最新版になっています。

 

リバースプロキシはメインはApacheによる実行なので、CentOS標準パッケージ。

再起動後の動作チェックでも特にOSリビジョンアップによる影響は見当たりません。

 

さて、この調子でWEBサーバーと、LAN内で使用しているSambaサーバーもアップグレードしていこう。

2014.01.05

喜多方ラーメン・坂内 小法師 / 針中野店

大阪の実家に新年の挨拶と父母の墓参りの帰り、近鉄針中野駅前にある喜多方ラーメン・坂内 小法師に行ってきました。

10年ほど前までは兵庫県加古川に「小法師・加古川店」があったのですが、関西方面の店舗縮小により京阪神では京都と大阪しか店舗がなく、その大阪も今日行ってきた小法師・針中野店か阿部野橋の2店舗しかありません。

なので関西においてはなかなか貴重なラーメン屋さんとなってしまいました。

 

場所は近鉄南大阪線針中野駅すぐで、車で行くにはどうかな・・・とも思いましたが、100mほど離れたところにコインパーキングがあるので、車で来ること自体は特に問題ありません。

ただ・・・駅前通りは幅員が狭く & 自転車が多いので、車幅感覚は相応に求められると思います。

 

 

喜多方ラーメンは平打ち太麺と、とんこつベースながらあっさり醤油スープが特徴です。

なので毎日食べられるほどに癖の無いのがウリ。

このあっさりスープとトロトロチャーシュー組み合わせはなかなか病みつきになる味です。

 

加古川に店舗があったときは月に何度か家族で食べに行き、妻が唯一ここでのみ焼き豚ラーメン(チャーシュー麺)を注文していました。

そんな懐かしい思い出のあるラーメン屋さんですが、針中野のお店も当時と変わることの無い味をそのまま残してくれていました。

 

今日私が注文したのは、ねぎラーメンと焼き豚丼とのセットメニュー。

 

ねぎラーメンはラー油とともにさっと炒めた白髪葱が乗っています。

焼き豚丼は小法師自慢の焼き豚をタレでさっとあぶったもの。これもなかなか美味です。単品でもOKです。

 

喜多方ラーメンは関西ではなかなか食べられないのかな…と思っていましたが、実家から神戸に帰る途中で立ち寄れる店舗があったのは収穫でした。またちょくちょく食べに行きたいと思います。

 

 

 

2014.01.03

ずんどう屋・神戸西店

我が家では一月二日にラーメン屋さんに出かけることが多いです。

今夜は姫路に本店を持つ、ラー麺ずんどう屋・神戸西店に行ってきました。

 

ここは同じ敷地内に古本市場・西神戸店があって、駐車場をシェアしています。

 

テーブルに着くと、お水と一緒に運ばれてくる高菜です。

本場九州のとんこつラーメン屋さんでは定番ではありますが、神戸にあるとんこつラーメン屋さんで高菜をどーんと運んできてくれる所って割と少ないです。

 

ここでは普段は「ねぎらーめん」を注文することが多いのですが、今日は気分を変えて「元味HOTらーめん 1倍辛」をオーダー。

ここのラーメン屋さん、とんこつスープはコッテリ系のとんこつではありますが、本場九州のとんこつとは違い味付け自体はアッサリ目のとんこつです。

このあたりは好みの分かれるところではあると思います。

本場九州のとんこつは香りが強いのでその香りが駄目という人も居ます。

道産子の妻も実はそうでとんこつの香りはどちらかといえば苦手傾向のようです。

 

妻はこってりとんこつはちょっと苦手なので「和風らーめん」をオーダー。

 

娘はラーメンではなく、ご飯ものの人気メニュー「ずん丼(並)」をオーダー。

チャーシューを特製タレで焼いた絶品の丼ものです。

15歳の娘曰く「これまで生きてきた人生で最高の丼もの」だそうな…(笑)

 

食べ盛りの長男は定番ラーメンの「味玉らーめん」+「チャーハン」

私も以前はそれくらい平気で食べられたのですが…この量はさすがにつらくなってきました。

食欲では長男に完敗です。

 

末っ子は期間限定メニューの「あつ盛り豚骨つけ麺」

ずんどう屋さんでは、基本ラーメンは大盛りは無くて替え玉制ですが、このつけ麺は極太麺のため替え玉が出来ないので、唯一大盛りメニューがあります。 そして〆につけダレをかけて食べるミニご飯もついてきます。

末っ子は〆のご飯までは食べられないのでもこちらは私がいただきました。

 

最後は家族全員で頂いた、サイドメニューの定番「ギョーザ」。

 

家族全員、お腹いっぱいになりました。

 

 

2014.01.01

謹賀新年 / 平成26年 元旦

 

日が変わり、平成26年(2014年)元旦となりました。

2013年9月末にblogサイトを開設して3ヶ月と少し、まだまだ始まったばかりのヒヨッコサイトですが、今年も気になったこと、興味を引いたこと、そして日々のこと、綴って行こうと考えています。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

 

平成26年(2014年)元旦、wendy-net.jp / おとよ。

2013.12.31

LAMY Al-Star L21 Rubyをゲット。

先日Amazon(worldwide)で入手困難とあきらめていたLAMY Al-Star L21 Rubyですが、eBay-ukにてまだ在庫品を扱っている文具屋さんがありました。 イギリスの文具屋さんで若干プレミア価格がついていたのですが、それでも日本の販売価格よりは安価(£30)だったので、残数6本というにも後押しされてEFニブで2本注文。

発注して10日程で国際郵便で発送されてきました。

 

梱包がブリスターバックという名称になっていたので、日本のような簡易包装をイメージしていたのですが、LAMYロゴ入りで専用のビニル製のケースに入っていました。 ちょっとしたペンケースにもなりますね。

以前ドイツ本国より取り寄せたものでは、厚紙ケースに入っていて本当に簡易包装という感じでしたが、お国が違えば簡易梱包といえど中身も変わってくるのですね。

 

Al-Star L21 Rubyは深い赤色のボディなのですが、なかなかデジカメで正しい色を表現することが難しいです。 一応、デジカメのホワイトバランスをマニュアルにセットして、背景の紙の白を基準として撮影しています。

でもちょっと・・・色が朱に転んでいるんですよね。

 

今回、ペン先(ニブ)はEFで購入していますが、実はL21 RubyはLAMYのカタログ上ではB / M / Fしか販売されていません。 もともとEFというのは日本と北米向けといわれるくらい少数販売なので、L21のような限定品ではあまり採用されないのです。

で…この本体はというと、おそらく店舗側で別途ニブを交換して発送されているようです。

いずれにしても、純正シルバーのニブではなく、黒色ニブに交換予定でしたので、ニブの交換を行います。

今回は神戸インク物語の「ルノワールピンク」を入れる予定なので、あまり細すぎないように、Fのニブを使用します。

 

LAMY SafaruやAl-Star等で採用されている、スチールニブの交換は実はとっても簡単。

ニブにセロハンテープを貼り付けて…きゅっと引っ張ると外れます。

 

外してみて意外なことに気がつきました。 ニブやペン芯が汚れているのです。

LAMYが生産時にインクフローを確認するのは薄いブルーを採用しています。

 

でもこの例ではブルーブラックのインクですね。

おそらく、EFニブに換装したときに試し書きをしたのでしょう。

ペン芯内部にまではインクが上がっていないので、つけペンで使用したというところでしょうか。

 

このままルノワールピンクを充填するのは色が混ざってよろしくないので、ペン芯含めて全体を清掃します。 ペン芯もニブと同様セロハンテープで先端を引っ付けて引っ張るとペン芯が本体から抜けてきます。 そしてお湯で残留インクを洗い流します。

洗い流したら、綺麗に乾燥してします。(写真のニブは交換用の黒色Fニブです)

 

後は逆順にはめ込んでいくだけ(はめ込むだけなのでセロハンテープは不要)

黒色Fニブを装着して完成です。

LAMYでは黒色ニブは一部のモデルのみに採用されているのみであまり見かけないのですが、Al-Starはグリップ部が半透明ブラックなので黒色ニブが良く似合います。ちょっと引き締まった感じになります。

 

インク充填は年明けにでも…その他万年筆のインク充填もあるのでその時に行います。