2015.11.16

英字配列キーボード(ローマ字漢字変換)で思ったこと。

MacBook Airを購入するのにAppleStoreを徘徊しているとちょっと気になった写真がありました。

MacBook Airはバックライトキーボードが採用されていますが、AppleStoreのサンプルで掲載されているものはASCII配列のもの。

 

「あれ? MACって日本語キーボード持っていたよね?」と素直な疑問。

おとよと妻はパソコン通信時代からパソコンを使用していたので、所謂かな入力派。

ローマ字入力も出来ますが、入力速度と打ち間違いのなさで考えるとかな入力のほうが楽チンです。

ググってみるとJISかな配列キーボードもちゃんと準備されているのが判り安心して発注できたのですが、その過程でMACキーボードのかなキーに対する酷評している意見もちらほら…

まぁ選択の自由なのでご自由に…なのですが、かなり誤った認識が広まっているようにも思います。

 

多くの場合、キートップに書かれている「かな」印字が邪魔、ASCII文字のみが美しい…という意見で、ここでの前提は日本語入力はローマ字入力なのだと思いますが、おとよ的には「そもそもローマ字入力でなぜ満足しているのだ??」と思ってしまいます。

デザイン的な美しさを語りたい気持ちもわかりますが、コンピューターは所詮道具。

道具としての性能・機能を犠牲にしてデザイン重視は本末転倒。

そこまで日常で日本語を大量に打たないというのもあるかもしれないですが、

26文字覚えるだけだから簡単

 → いやいやキーボードは結局85~100ボタン分覚えないと意味ないんだから、理由になってない。

ブラインドタッチで高速入力できるからASCIIのほうが速い
 → この話はブラインドタッチ同士で比較していないので無意味、かな入力のブラインドタッチはハンパない速さ。

かな入力/ローマ字の入力の話題は多くの場合こういう話に終始していて意味ないと思います。

どう比較しても、ローマ字入力は打撃数が多い、「Computerとコンピューター」…を打つために『ComputerTOKONNPYU-TA-』とローマ字ひらがな変換を思考ロジックに一段入れるのはやはり思考の妨げになる可能性があります。

 

日本のコンピューターの歴史で、ローマ字入力が登場したのがかなり後。

THE 国産パソコンのNECパソコン(PC6601/PC8001/PC8801/PC9801)の登場初期は日本語といえば半角かなが基本で、かな配列で入力するしか方法がありませんでした。 その後登場した初期の漢字変換のNEC単漢字変換もかな入力が基本。(なんと初期のワークステーション、DEC社のPDP/11やDEC/11も日本語環境ではかな入力です)

 

ローマ字入力をサポートしたのは一太郎にバンドルされたATOKが最初だったと記憶しています。

キーボードアレルギーという言葉が出来るほどパソコンに馴染めないおじ様たちが生まれた時代です。

この時に「26文字覚えれば大丈夫…」という触れ込みで採用されましたのがローマ字入力。

覚えるキーが少なくてよいということで一様に広まりましたが、いつの間にかローマ字入力こそが真…のような流れになってしまい今だこの慣習を引きずっているのも事実。

 

これは学校のパソコン授業にも波及していて、日本語入力をローマ字入力で教えている・・・これって絶対おかしい。

そもそも、先生がかな入力を覚えなかったのがすべてだと思いますが、学校の先生はパソコンの専門家ではなく指導要綱を片手間で覚えたもの…またその教員課程を教えている先生もローマ字入力の世代。

 

それを子どもに押し付けていいの?

 

学校の授業では百人一首などを覚えます。

なのに26個の少ないキーを覚えるだけで云々というのはまったくおかしい。

子どもの記憶力と環境適応能力を考えれば、かな入力を覚えさせるべきだと思う。

まぁおとよのこういう意見も、かな打ち派の押し付けに過ぎないのかもしれないですが…

 

限られた時間で一気に数千文字の書類を作ってみると…かな入力を覚えていて良かったとひしひしと感じます。

特に技術書類のような英語と日本語の混在文章はなおさらです。

日本語文章入力で入力効率改善をお考えの方…一度かな入力を試されてはいかがでしょう。

半年くらいで大体入力できるようになるので、それほど難しいものではないですよ??

 

 

2015.11.15

VAIOが死んで、MAC買った。

妻が普段使用しているパソコンはVAIOノート。

 

結構前に自分で初めて買ったパソコンは98君・・・PC9821…CanBe。

自分でモデムカード増設したり、メモリ増設したり、FDDドライブ増設したり…

かなりの廃人っぷりを発揮していたのですが、VAIOが発売されてからはVAIO一筋です。

理由は「カッコいいから」…ここは女性らしいですね。

そのVAIOノートは、VGN-NW91GS…7-8年前に購入したCore2Duoのものです。

Windows7proが搭載された初期のものではないかと思います。

 

日々の家計簿、予定表、Webサーフィンその他もろもろ、一日中電源が入った状態でかなり酷使されてきたと思います。 この間、放熱FANが誇りで目詰まりしたり、キーボードに異物が混入したり…経年で発生するトラブルは何度かありました。 これらは都度私が分解してオーバーホールすることでまぁなんとかメーカー修理という自体は避けてきたのですが、思わぬ形で買い替えのときが来ました。

 

液体…そうミルクティーをこぼしてしまったのです。

 

甘味料が入った液体はパソコンには致命傷になりかねず…VAIOもその影響がありました。

分解してキーボードを洗浄してみましたが、張り合わせのフィルム基板内部に甘味料が浸透してしまい、無限キー入力状態から回復しません。 メーカー修理するにも既に部品保有期間が過ぎていますので、仕方なくキーボードはハーネスを外して使用不能にし、近所のヤマダ電機で700円で購入してきたUSBキーボードで急場は凌ぐこととして、新たなパソコンを購入することにしました。

 

妻の第一希望は…やはりVAIO。

でもVAIOは会社ごと身売りしてしまったので以前のVAIOではないんですよね。

OSもWindows10インストールモデルになるので、おとよ的にはちょっと消極的。

 

OS変わることや、普段使用している家計簿系ソフトはOpenOfficeであること、妻のスマホはiPhone6s、ディスクサーバーはLinuxで構成しているのでSambaでもNFSでも接続できる…これらを考えれば、Windowsに拘る必要もないので、この際MACに移行することにしました。

もともとおとよは会社標準パソコンがWindowsになって業務パソコンが配布されるまではMac Quadra950を使用していたので、MACのほうが馴染み深いです。OSがバージョンアップしても操作系が統一されているのはMACの魅力ですし、以前ほどMACは高額なパソコンではなくなったので妻にMAC(MacBook Air)を一押し。

 

使ったことのないパソコンなので、当初は戸惑っていた妻ですが、ショップで現物を見てMacBookのデザインを見て即決…その夜にAppleStoreでポチっとしました。

 

購入したのは、MacBook Air 13インチモデル。

CPUは標準のCore-i5。

メモリは増設して8GB。

SSDは多少余力もたせて256GB。

ショップ販売モデルはメモリ=4G / SSD=128GBモデルなので、この構成はAppleStoreカスタマイズのみ。価格は14万少々なので、DELL/HPといった海外ブランドパソコンにはかないませんが、国内大手メーカーモデルと価格的には遜色ありません。

 

明日にでも配達されてくるようなので、18年ぶりのMACを堪能したいと思います。

(といっても…メインで使用するのは妻なのですが…)

 

2015.10.31

RED BULL FLUGTAG KOBE 2015に行ってきました。

神戸港開港150周年記念のイベントとして開催された、RED BULL FLUGTAG KOBE 2015に家族で行ってきました。

 

REG BULL FLUGTAGは世界で100回以上の開催歴を持つイベントで、日本では初開催。

日本で人力飛行機のイベントとしては、より開催歴の長い鳥人間コンテストが有名で、FLUGTAGのご本家ドイツのイベントは飛距離を競う人力飛行機のイベントですが、REG BULLのものは違います。

滞空時間が長くても表彰台には上ることはできず、飛行距離・クリエイティビティ・ショーマンシップの3項目で評価される、完全イベント重視の人力飛行機の大会です。

 

イベントチケットは¥500-。

入場ゲートをくぐるとき、協賛よりREG BULLが渡されます。

実質これでイベントチケットは¥300-です。 安いですね。

 

人力飛行機が飛び立つイベントデッキは第一突堤にあり、今回イベント観覧では対岸に位置する第二突堤の2Aのエリアを指定しました。

 

イベントは飛距離も重要ながら、それはポイントの1/3の要素に過ぎず、残り2/3は機体の出来栄えと、クルーのパフォーマンスという特殊性で、会場は完全にお祭り騒ぎ。 目立つことに注力しているチーム、何かしらテーマに沿って我が道を斜め上に突き進むチーム。

非常に個性的なイベントでした。

RED BULLといえばマイナースポーツであっても常にスポンサードする企業というイメージですが、今回はスポーツから対極に位置するイベント。 こういう部分にもスポンサードする企業姿勢には頭が下がります。

 

以下はおとよが個人的に気に入ったチームの皆さんの飛行(落下!!)の模様です。

赤ベコ グライダー

 

みつばちブンブン

 

ヤフー航空同好会ショッピングレボリューション

インタビュアーが間違って(わざと?)「楽○ショッピング」と言い間違えたのは笑いました。

 

機動戦士ガンダム (どうやら水面に立たせたかったらしいですが・・・)

 

Flyingあかっシー(明石) 明石市非公式という冠や、なにやら聞いたことのある名前、

やぐらのピンクの物体も色違いで見たことのある・・・でもチームは加古川市の皆さんです。

 

忍法☆手裏剣大飛行

 

すしに翼を

 

ちゃぶ台返し~おこめ編~

 

イベント開催中。 途中休憩もかねて、プロによるパフォーマンスも披露されました。

特に高圧ジェット水流を用いたウェイクボードが圧巻。 これだけでも今日見る価値がありました。

 

今回は初開催ということで、当初予定していた出場枠がすべて埋まりきらなかったとか。

それでも配置されている人員や、場所、安価なチケットなど、神戸市がかなり協力体制を敷いてイベント開催にこぎ着けている事が随所で感じられました。  来年また日本で開催されるかどうかわからないですが、また神戸で開催してもらえたらと思います。

何度も繰り返すことでそれが歴史になり、イベントももっと盛り上がるかもしれないからです。

 

真面目にお馬鹿なイベント…そうそうないので今日は本当に楽しかったです。

 

イベント終了は16:15頃…夕焼けがイベントステージにかかろうかというころ頃でした。

 

神戸市消防局の消防艇「くすのき」による放水デモでフィナーレとなりました。

 

LINEアカウント返せ~!!

やられました。

LINEアカウント乗っ取りが発生しました。

乗っ取られたのは妻のアカウント。

10月27日に通院のために外出した帰り道、バスに乗っているときに私とLINEでやり取りした直後に乗っ取られました。

 

突然買い物を要求する偽物…

直前までショッピングセンターに居たので、買い忘れ? と思いましたが、乗っ取り詐欺のテンプレとも言えるウェブマネー購入を要求してきました。

 

その後、LINEに連絡して昨日30日にこのアカウントは削除となったのですが、その影響というかダメージか計り知れません。

1.友だち登録している全員に同様の詐欺メッセージの発信。

2.登録しているグループに発信、怪しまれたグループでは、グループ全員を退出、崩壊に。

3.それにより友人からの電話・メールでの問い合わせ多数…

4.なにより大ダメージなのがLINEゲーム全てがLINEアカウント削除とともに消滅したこと。

 

運営側に陳情しても全く掛けあってもらえず、LINEのアカウントが削除されると連動しているゲームアカウントが連動初期化される仕様だ…で一点張り。

長らく育てていたDisney TSUMTSUM…おそらく10万円以上課金していたと思います。

 

スキルマ状態のツムが半数以上だったアカウント…問答無用で全部消去です。

 

妻…大ショックでかなり落ち込んでいました。

 

なるほど・・・システム要件としてそうなのならば、システムの動作としてはそうなのでしょう。

しかし、LINEの対応というかシステム要件にはおかしな所が幾つもあります。

 

1.アカウント乗っ取りが発生しようとしている(別端末からログインが成功した時になって)時に、不正ログインの警告が発信されますが、乗っ取り完了までの猶予は数秒程度…これでどう対応するのか?

それ以前にユーザー認証・SMS認証通過してから発信されるようなので、実はもうなにも手のうちようがない…

全く意味のない警告であり、警告発信したから我々の頑張ったというLINE側の自己満足でしかない。

 

2.登録メアドとパスワードが変更されていない(LINE STOREなどにはログイン出来る)状態でも、偽物がログインしていると本人がアカウントを奪還する方法がない。 今回偽物はPINコードを変更したようですが、こちらは初期化手続きが出来たものの、それ以降がどうしようもなかった。

これ絶対におかしい、本人が使用していた旧端末で24時間以内であればログイン状態にかかわらず強制的にログイン、今システムに入っているユーザーは退出出来るようにすべき。 システムの認証データは端末に保存できるのだから、ユーザー名とパスワードだけに依存しているシステムの欠陥としか言えない。

 

3.アカウント認証している連携ゲーム側の対応がアカウントに連動して自動消去しか用意されていない。 これ最大の謎。 本人から申告が来ているのだから、アカウント停止、保存という手立てはいくらでも出来る。

これだけ乗っ取り事件が発生していているにも関わらず、ここにメスを入れないのは怠慢としか考えられない。

言ってしまえばバグも仕様というノリでしょうか?

こういう対応をされると、「どうせまた課金するだろう」という利用者を運営データのカウント1としか見ていない、ソシャゲ運営会社の性根が透けて見えます。

 

今回の乗っ取りで金銭的・精神的・時間的ダメージが結構発生しました。

一番悪いのは、アカウント乗っ取り犯なのは事実ですが、対応が後手というより消極対応な運営側もどうにかしてほしいものです。

また、ユーザー名とパスワードが何処からか漏れてきてアカウントが奪われたのですから、我々側も隙があったのは否めないです。 自衛として、妻のスマホ利用でも利用アカウント毎での個別でのパスワード設定であるとか…考えていこうと思います。

 

2015.10.13

iPhone6sとiPhone5s、そしてspigen ARGOS

最近blog更新が遅くていけません。

もう既に3週間経過してしまったのでまったくもって旬を逃してしまったのですが、先月9月25日にiPhone6sに機種変しました。

 

とはいっても、機種変したのは妻の方。iPhone5sからの変更です。

機種変は5s-64GBゴールドから6s-64GB-ローズゴールドへの変更。

9月12日予約初日に予約したので発売日初日に入手することが出来ました。

 

機種変で残った5sは2年間使用していましたので、7月に復活したiPhone4sから機種変すべく新品バッテリに交換して再生。 あわせてケースも新調しました。

購入したのは、前回の4sの時と同じSpigenのフリップタイプケース。

日本では元々販売数が少なく、既に販売中止となったARGOSです。

日本での購入はほぼ不可能なため、今回はイギリスのspigen.co.ukから購入です。

 

一番人気のビンテージタイプのものは日本では大体4,000~6,000円。

ebay等で確認してもその価格で販売されていますが、たまたまiPhone6s予約開始のときにspigen.co.ukを確認すると在庫処分のバーゲンが開始されていました。

上記は2015.10.13現在のものですが、9月15日前後では£6で販売されていました。

 

今回再生した5sは今後2年は使用しますし、恐らくイギリスの在庫が捌けてしまうともう入手困難になると考え、白とビンテージブラウンを複数個購入、偶然6s販売日の9月25日にRoyal Mailで到着しました。(輸送費は£10程。米国と違い欧州からの購入は送料が安いので助かります。)

(写真は白=1/ブラウン=1ですが、実際にはそれぞれ複数個)

 

最初装着したのはビンテージブラウンタイプ。

OCN Mobile oneのSMSデータプラン運用のため、通話はほとんど使用しません。

6sに機種変に伴い、5sのケータイ補償サービスが自動解約になったので、本体全体を保護するケースのほうが何かと都合が良いです。

 

メインスマホのXperia Z1fはLolipop、Marshmallowへのアップデートは対象外。

このままでは過去の遺物となるので近々機種変することになるとは思いますが、iPhone 5sはこれからサブ機としてがんばってもらいます。