2014.03.22

丸源ラーメン 明石店に行ってきました。

「肉そば」で有名な丸源商店・丸源ラーメン。

兵庫では大久保にある明石店のみが営業しています。

以前一度食べに訪れたことがあるのですが、blogアップするのは初めてです。

 

お店の写真(ごめんなさい、撮り忘れました)

 

店内はテーブル席が豊富で、家族客が気軽に入れる・楽しめるように配慮されています。

ラーメンは少し甘みのある醤油ラーメンが売りで、麺の固さもお好みで「カタメ」「バリカタ」「ハリガネ」「粉落とし」と選ぶことが出来ます。意外に醤油ラーメン店でこの麺のバリエーションというのは珍しいのではないでしょうか?

多くの場合は豚骨ラーメンの場合かと思います。

 

 

今回注文したのは「野菜肉そば」と「鉄板チャーハン」のセットと、餃子。

 

鉄板チャーハンは熱々の鉄板に溶きたまごがジュウジュウ焼かれながら運ばれてきます。

手早く卵とチャーハンを混ぜるのが美味しさのコツ。

 

餃子はラーメン専門店の餃子にしては大きめサイズだと思います。

くせの無い味で、いくらでも食べられる感じです。

息子もうまいうまいとパクついていました。

 

メインの肉そばはそのまま食べても美味しいのですが、テーブルには色々な薬味がありますので、この薬味を加えながら味を変えつつ楽しむのがよいかと思います。 特に「にんにくパンチ」と容器に書かれたフライにんにくを細かく顆粒状に砕かれた薬味が良い感じです。

たっぷりめにパラパラと振りかけて食べると、甘めの醤油スープがしっかりしたパンチのある味に変わります。

 

ラーメン専門店は家族連れで入るには様々な制約があって入りにくい店舗も多いですが、ここは子どもでも食べやすいメニューも豊富で、小学生には塗り絵を描くとデザートがサービスされたり、かなり家族客が入りやすいように配慮されているかと思います。

 

2014.03.09

久しぶりに「ラー麺ずんどう屋」へ

家族で夕方(2014/3/8)に「ラー麺ずんどう屋 神戸西店」に行ってきました。

 

ここは我が家では定番のラーメン屋さんなので、1-2ヶ月に一度くらいで訪れます。

今日は、妻が「ずんどう屋」さんと同じ敷地内にある「古本市場」に用事があったので、そのついでもかねています。

 

最近小学3年の末っ子が辛いもの好きに拍車が掛かってきて、HOT系のラーメンをよく食べるようになってきました。

量はそれほど食べられないので半分くらい麺は私が頂くのですが、辛さ調整では大人顔負けです。

暴力的辛さまで食べるわけではないですが・・・最近辛いモノが駄目な私はちょっと負けてしまいます。

 

私が頼んだのは「ねぎらーめん/ちぢれ麺」定番です。

 

妻は「和風らーめん/細麺」もやしトッピング

 

長女は「ずん丼」こちらも定番。

 

長男は「味玉らーめん/ちぢれ麺」にチャーハン(写真なし)

流石は4月から中学生・・・食欲ハンパない。(汗)

 

次男(末っ子)は「元味HOTらーめん/辛さ2倍/ちぢれ麺」

2倍って結構辛いと思うのですが・・・平気に食べてました。(汗)

 

サイドメニューの「餃子」

 

皆、満腹になって帰宅時に立ち寄ったファミリーマートで、長男がお腹すいたからとファミチキ買って良いかと聞いてきたときには流石に引いた…食べて1時間も経ってないのに…どんだけお腹空くのが早いねん…

 

2014.02.24

神戸ちぇりー亭「情熱坦々麺」

神戸ちぇりー亭が発行している男のメルマガに掲載されていた限定メニューの「情熱坦々麺」を食べに神戸ちぇりー亭・魚住店まで行ってきました。

 

ちぇりー亭といえば、2ヵ月毎に変更される期間限定メニューが定番ですが、今回はこの定番メニューサイクルとは違うゲリラ的限定メニューです。 しかもこれまで販売されていなかった「坦々麺」。 これは行くべきでしょう。

ただこの坦々麺は販売している店舗も限定となっており、限定中の限定。

おとよの住んでいる神戸市西区からもっとも近い店舗は魚住店でした。

 

店内に入ると、インフォメーションボードに坦々麺やってます・・・の文字が。

 

結構一押しな感じです。

しかし何で急に坦々麺を作ることになったんだろ…そちらも気になります。

 

そしてメニューです。

 

ちぇりー亭らしい、情熱と気合の入ったメニューです。

ちょっと変わったところとしては、この坦々麺は大盛りメニュー相当の麺男盛が出来ないこと。

麺男盛が出来ないメニューってこれまであったかな? 野菜盛り・野菜男盛が出来ない限定メニューはいくつかありますが、麺男が出来ないというのは珍しいです。 替え玉は出来るのでたくさん食べたい人はそちらでということになりますが、ちぇりー亭で替え玉というのもまた珍しい。(本来メニューにはあります が…)

 

そして坦々麺が運ばれてきました。

 

坦々麺らしいゴマの風味とラー油のツンとした香りです。

味は、ベースとなっているゴマスープはしっかりゴマを練りこんでいてゴマの風味がいっぱい。

ちょっとゴマダレ風の甘めの味付けです。

上から掛かっているラー油は自家製らしいですが、結構パンチのある辛味で、スープとあわせるとちょうどいいピリ辛となります。 なので激辛坦々麺を期待される方にはちょっと合わないかもしれません。

 

麺もラー油と同じく自家製で、中太ストレート麺。この麺もちぇりー亭では珍しいタイプです。

なによりびっくりなのが麺の量が普通サイズ!!

 

ちぇりー亭は普通サイズで注文しても一般のラーメン屋さんの大盛り相当の麺200gが標準ですが、この坦々麺では標準の量で仕込まれています。 それが当たり前といえば当たり前ですが、ちぇりー亭ではかえって新鮮です。

普段のちぇりー亭の量…を行くならば替え玉で挑むがよろしいかと思います。

 

昨今は四川風激辛坦々麺というような辛い坦々麺が多く存在する中、誰でも美味しくスープのゴマ風味を楽しみながらいただけるちぇりー亭の坦々麺のアプローチもなかなか良いのではないでしょうか?

 

2014.01.20

丸醤屋、期間限定ラーメン

今日は丸醤屋・西神戸店に行ってきました。

 

以前、妻と子供たちがここで期間限定メニューの“あばらチャーシューメン”を食べて美味しかったという話を聞いて、一度食べてみたくなってお店に行きました。

で・・・行ってみるとまた別の期間限定メニューで“濃厚魚介醤油ラーメン”なるものもメニューに出ています。

 

うーん、息子は”あばらチャーシューメン”を注文するといっているのでそちらは少し分けてもらうつもりで、新メニューの”濃厚魚介醤油ラーメン”を発注。 丸醤屋さんのラーメンは豚骨スープながら醤油の味が引き立つすっきりしたスープが売りですが、今回は濃厚スープということでどういう味なのかも興味津々。

 

運ばれてきた”濃厚魚介醤油ラーメン”(ねぎ大盛り)

カツオの香りが最初に鼻をくすぐります。

スープにカツオの削り節がかなり入っているようで、カツオ出汁が良く効いています。

豚骨と魚介とを混ぜているので、味は濃く、少しとろみがあって、甘みのあるスープです。

冬に美味しいラーメンです。

 

 

“あばらチャーシューメン”はトロトロに煮込まれたあばら肉ブロックが投入されています。

息子より少し肉を分けてもらいましたが、あばら肉がとても柔らかく、噛まなくとも舌で肉が解ける様に食べることが出来ます。

長時間煮込まれた時のタレの味も染みていて、チャーシュー好きの人にはたまらないものがあるのではないでしょうか?

 

次回はこの”あばらチャーシューメン”を頼んでみたいと思います。

2014.01.15

神戸ちぇりー亭・限定裏メニュー、油そば

神戸ちぇりー亭大蔵谷店に行ってきました。

今日の目的は、1-2月限定の裏メニュー「油そば」がターゲット。

 

油そばというネーミングから、なにやらこってりしたラーメンのように感じますが、実際は逆。

どんぶりの中には極太麺と背油を絡めて、濃く調整されたスープが少し入っているので、普通のラーメンよりもカロリーとしては控えめ。

汁なしラーメンという感じのものです。

この油そばをはじめて食べたのは2年前が最初。

当時も期間限定のメニューでした。

昨年は期間限定メニューから外れてしまい食べることが出来ず、今回2年ぶりのご対面となりました。

今回油そばは以前のものから野菜(もやしとキャベツ)が増えて、絡めているタレがちょっと薄くなったかもしれません。

もっとも油そばは食べながら、醤油ダレを追加したり、摩り下ろしにんにくを足したり、コショウ・唐味噌を足したりしながら味の変化を楽しむのがルールなので、2年前のものから味の調整がしやすくなった印象。

なかなかこの手のラーメンは食べることが出来ないので、興味ある方はぜひ味わってみてください。

ただし…量は多めなので、麺男盛りや野菜盛りはご注意を・・・量の多さに後悔するかもしれません。(汗)

 

今回注文した「油そば & 麺男盛り & 野菜盛り」

最初に野菜を懸命に食べて、やっと麺にご対面…

 

その他、野菜もりはさらに増量の野菜男盛りや、肉盛り & 肉男盛りなどあります。

さらに量が増えていきますので、胃袋に自身のある方どうぞ。

1 / 212