2013.12.02

マロン、10Kgを超えました。

ペットショップで初めて出会ってから約一ヵ月半、マロンの体重が10Kgを超えました。

一ヵ月半前は5Kgでしたので、50日前後で5Kg…10日で一キロ増えている感じです。

特にここ最近は体長がかなり伸びてきているのが実感できます。

家に来たときはケージの柵になんとか手をかけるくらいがやっとでしたが、今では余裕綽々。

かまって欲しい・遊びたい・エサが欲しい…時の連続ジャンプ付の要求はケージ全体がガタガタ揺れて今にも倒れそうな感じ。

連続ジャンプでケージが倒れるのが早いか・飛び越えるのが早いか…ケージでのマロン脱走の抑止力はまもなく役立たずになりそうです。

 

食事は大体規定量の朝夕150gづつ計300kgですが、食欲も旺盛なので3分以内に一気にペロリ。

人間の食べ物には触れさせていないので、我々が食事をしているときにお裾分けを期待することはないですが、これは当初より徹底しておいてよかった。 この食欲でわれわれの食事まで食欲の範囲に入るとかなり危なかったかも。

 

散歩についても町内の道のつながり・意図関係にも慣れてきて、毎日軽快な足取りで町内を闊歩しています。

散歩中、誰でも愛想よく振舞うので…人に対しての警戒心はやはりゴールデンですねここは期待できそうにないです。

 

マロンの近況はこんな感じ。 順調にすくすく順調に育っています。

 

2013.11.18

マロンのお散歩デビュー

マロンが我が家にやってきてはや2週間、3回目のワクチンの摂取も終わり特に体調の変化も見られなかったので、今日子供たちとともにお散歩デビューを果たしました。

家に来たときは体重7.1Kg。

寝床であるケージの柵に何とか前足をかける程度だったのが、今では体重8.3Kg体長も伸びて余裕で掴り立ち、流石は大型犬成長が早い。

また遊んでほしさにピョンピョン跳ねて自分を猛烈アピール。

ゴールデンってこんなに自己主張強かったっけ??と思うほどです。

 

そんなマロンもお散歩デビューのときはおっかなびっくり…なかなか外に出れません。

娘がリードを握り、しきりにマロンをなだめ手招きし、なんとか外に。

しかしゴールデン特有の楽天的性格からか、10分もしないうちに慣れてルンルン気分でお散歩です。

写真の前半のカットと後半のカットでの表情の違いわかりますでしょうか? 明らかに表情違います。

 

夜の散歩では、先代ショコラが歩いていたショートコース(雨や体調が良くないときの短いコース)を楽々こなしていました。

まぁ体格的には大人のビーグルに近いくらいになので、体力的にはもう近いものがあるかもしれません。

ゴールデンも猟犬なので、これから体格に応じて距離を徐々に伸ばして行こうと思います。

マロンの健康保険証

マロンの健康保険証が到着しました。

動物病院は基本自由診療。

医療ポイントの計算は人間と同じ考えですから全額負担ですと費用もそれなりに掛かります。

また体重で投薬量が変わりますので、大型犬ほど費用が高額になる傾向。

なのでマロン譲渡契約の際にアニコムのペット健康保険の加入手続きも行っていて、その健康保険証が16日に到着しました。

写真の健康保険証には70の文字がありますが、これは人間と同じ3割負担を意味しています。

人間と違って痛い・具合悪いを言葉でいえないですから、気がついたときには重い病気になっていることも…そうなったときにあっと驚く医療費になることあるわけで、ここは人間よりもリスクが大きいです。

まぁ保険とはそういうものなので、いざというときのまさに保険です。

 

20131118010358

2013.11.08

マロン(marron)と空気清浄機

マロンが家にやってきて7日以上過ぎました。

毎日元気…過ぎるくらいです。(;´∀`)

かまって欲しい・ケージから出して欲しいときは全力でアピールします。

ご飯もしっかり食べてて、体重も増えてはいますが体長が伸びたと実感できます。

家に来たときはケージに何とか手が届くくらいでしたが、今は余裕で前足をかけれるくらいまでに。おそらく5cmくらいは伸びているのではないでしょうか。

段々家族のそれぞれの接し方もマロン自身理解してきているようで、今のところ餌を世話している娘に一番なついている様子。

私は…遊び相手、アマガミの対象と見られているかも…散歩デビューしたら多少はその認識は変わってくるとは思いますが。(苦笑)

 

先日、空気清浄機を購入しました。

なぜか…ショコラが亡くなってから症状が治まっていたのですっかり忘れていたこと、

最近妻が犬アレルギー体質になっているということ…

もともとハウスダスト系のアレルギーはあったのですが、ここ1年くらいで体質が変わったのか犬に対しての反応も出できていたのです。

ただ、犬に対しては子供の頃から持っていたアレルギーではないのと、ショコラが居なくなり結果的に症状が治まっていたのでこの事をすっかりど忘れ。

マロンを引き取って部屋にずっと居るようになると、とたんにくしゃみと目の痒み…テキメンに症状が発症

 

現在マロンはワクチン接種が完全に完了していないのと、月齢的に体温調節が完全ではないのでお風呂はまだ。

水を使わないシャンプーやブラッシングしたとしても体から出るアレルギー物質は抑えられるわけではないので、部屋にこれらが拡散しやすい状況というのは良くないです。

他に家のような事情の人は居ないか、どのように対策しているか…色々ググッてみると、HEPAフィルター搭載の空気清浄機を導入してアレルゲン物質を吸着させるのがもっとも症状緩和に効果があるとのこと。 実際に妻にそれが効果あるかどうかはわからないですが、実例があるなら試してみる価値あり…とAmazonで検索してポチリ。

2012年製の型落ち品 & 流行の加温加湿機能を持たないモデルなのでほぼ半額でHEPAフィルタつき空気清浄機をゲットです。

 

効果の程ですが、治った…という事はやはりなかったです。

目の痒みやくしゃみが出るのは変わらず。

ただ、幾分症状自体は緩和しているようにも思います。

重症…という症状は出ていないので、多少は効いているのかもですが、やはり専門医に掛かったほうが無難。

 

なので本日、耳鼻咽喉科とアレルギー科を併設しているクリニックに行き、改めてアレルギー血液検査をして体質的に変化していないかどうかを再チェックしてもらってきたようです。

結果は2週間後くらい掛かるので、すぐにはわからないですが、これで犬好き・マロン大好きな妻に効果的な療法が見つかればと思います。

 

2013.10.27

待ち人(犬)来る。

10月14日に契約し、その後お腹の調子を悪くしてしまい治療のため一週間ほど引渡しが遅くなりましたが、今日ゴールデンレトリバーの「マロン」をお迎えして来ました。

夕方16:30頃にペットショップにお迎えに行き、血統書の名義変更手続きや、各種書類の手続きなどで1時間半ほど必要でしたが、無事我が家に到着です。

ゴールデンレトリバーという犬種自身、そんなに頻繁に吠えたりする犬種ではないですが、この子はさらにおっとりしているのかほとんど吠えません。ただペットショップでトイレトレーニングがほぼ終了していて、トイレでおしっこをするとかわいく「ワン」と吠えて知らせてくれます。

ショコラの時は生後一ヵ月半でやって来たこともあり、我が家に迎えてのまず最初はトイレトレーニングからだったのですが、この子はトイレトレーニングはそんなに苦労することはなさそうです。 ワクチン接種もほぼ完了なので、11月に入るとお散歩も可能となります。

 

色々写真とかアップしていきたいところですが…マロン自身我が家にまだ慣れていないので今日のところはこんな感じで。

2 / 3123