2016.02.15

MD用紙を試してみました。

万年筆と相性のよい紙としては、ライフの”Lライティングペーパー”・”Tライティングペーパー”、midoriの”MD用紙”、巴川製作所の”トモエリバー”、アピカのプレミアムノート用紙等が有名です。

この中で、プリンタ用途に使用できるA4用紙100枚パックで販売されているものとしては、MD用紙A4があります。

 

この用紙、midoriオンラインストアでしか入手できないためあまり市場流通していませんが、プリンタで使用できて且つ万年筆とも相性が良い紙として期待できるため入手してテストしてみました。

 

入手したMD用紙A4はMDノートで使用されているものそのものです。

トモエリバーほどではないですが薄手の紙で、ややクリーム色がかっています。

プリンタ用紙として普及している上質普通紙と比べるとはっきりと色の違いがわかります。

 

今回テストで使用したのは、MD用紙・上質普通紙・マット紙の三種類。

プリンタ設定では、MD用紙は普通紙 / 上質普通紙も普通紙 / マット紙はスーパーファイン指定となります。

当然ながら緻密な印刷を行う場合は表面処理がもっとも緻密なマット紙がもっとも仕上がりが良いです。

ただ、ペン字練習用フォントで印刷して実際に万年筆で書いてみると結果はまったく異なります。

 

筆記テストでは下記のようなデータを準備しました。

 

15mmのマスの中に”永”の文字を印刷して、実際に万年筆になぞってみます。

使用する万年筆は、カスタムヘリテイジ912-FA(フォルカン)・インクは色彩雫の”月夜”

フォルカンは細字で抑揚が付けやすく、インクフローが潤沢、そして色彩雫はさらさらしたインクであるため今回のようなテストでは紙質の違い結果がはっきり現れます。(滲みやすいものにはハッキリと滲みが出る)

 

そして実際に書いたものをスキャナで取り込んだものが下記。

 

マット紙は吸湿性が非常に高い紙質のため、インク滲みが盛大に発生します。

上質紙は割とよくがんばっていて、滲みも少なめです。

ペン先がフォルカンでなければもしかしたら普通に使用できるかもしれません。

MD用紙は流石です。先に印刷したプリンタインクの影響で若干滲んでいますが、それでも問題ないレベルといえます。

 

これら結果から考えると、ペン字練習用としてプリンタで文字を印刷しペン(万年筆)でなぞるという用途にMD用紙は最良というのが今回の結論となります。

またMD用紙自体、手帳用で使用されるのが本来の用途でもありますので、自作のリフィルを作成しプリンタで印刷する場合にもこの用紙は活用できると考えます。(真っ白なMD用紙があれば更に良いのですが…)

 

2016.02.14

ペン習字フォント”NSK白洲ペン楷書体”

仕事でなかなか時間は取れないものの…ペン習字はなんとか続いています。

ペン字の練習では多くの場合、小学校での漢字練習帳としても有名なコクヨの5mm方眼罫(10mm実線入り)を使用しています。 ただこれの難点は、見本をなぞりながら練習しているのではないので、段々自分の癖が強くなってしまうこと。

 

習字もそうですが、字の練習では手本をなぞって脳と手に綺麗な字の形をおぼえさせる必要があります。

般若心経の写経などもそうですね。 お経の上に半紙に乗せて透けたお経の文字を手本に字を覚えていくわけです。

 

ただ万年筆で同様に字を練習するには滲みや裏抜けを考慮するとそれなりに紙の厚みが必要ですし、なにより紙質も選びます。 そう、もともと万年筆は半紙(和紙)との相性が良くありません。

 

なので、パソコンで練習文字を編集してプリンタで出力し、その字をなぞる事で練習しよう…と考えたわけですが、ペン字練習帳のような手本をなぞりながら練習するような適切なフォントはないものか、と探していると…ありました。

 

“ペン字の味方”サイトで販売されている”白洲ペン楷書体”フォント。

 

白洲体フォントはペン字体ではとしては有名なフォントなので、その字体そのものは色々な方法で入手可能です。

ここのサイトで入手(有料)出来るフォントは、枠線と十字破線がフォントに埋め込まれていることです。

 

自分で好きな練習帳を作ることが出来るので長い目で見ればコスパに優れます。

なにより自分で自由な文字・文章で練習できるのがいいですね。

 

試しに、般若心経全文を書き出したものが下記。

(注・宗教的になにかしら意図して掲載するものではありません。 字の練習として般若心経の写経が有名であることから例として掲載するものです)

 

特定用途で使い勝手の良いニッチユースなフォントですが、プリンタで印刷したものを実際に万年筆で試してみると、今度は紙質の問題にあたりました。

どうもプリンタと相性のよい紙は万年筆とは相性が悪いようです。

この課題の解決については、次回投稿したいと思います。

 

2015.09.21

PILOT x SOMÈS ペンシースを買いました。

トラベラーズノートと一緒に持ち歩くペンケースにPILOT x SOMÈSのペンシース3本差し(SLS3-01-BN)を購入しました。

 

SOMÈSといえば鞍などの馬具を発祥とした高級皮革製品専門のブランド。

よってパッケージもなかなか凝っています。

 

実はPILOT x SOMÈSのペンシースは2つめです。

1年ほど前に2本差しのものを購入。

仕事時のペンケースとして使用しています。

 

個別で見るとそれぞれはさほど差はないですが、並べてみると2本差しの方が1年の間に革が馴染んでやや光沢を帯びているのがわかります。

 

このペンシースは外側は厚手の牛皮革&コバ仕上げで非常にしっかり縫製されています。

内張りには傷が付かないようスエード地の皮革を用い、ペン同士が干渉しないように仕切りが仕掛けられています。

この仕切りは左右に倒れる構造なので、真ん中部分は1-2mm程度の内径の猶予が生まれますので、軸の太いペンでも対応できるようになっています。

 

寸法を測ってみると、左右が14.5mm ・ 真ん中が16mm / 高さは15.5mm程度あります。

 

この太さのペンはどのくらいか、手持ちの万年筆を測ってみました。

カスタムヘリテイジ912 = 15.6mm

 

PILOT カスタムヘリテイジ92 = 14.5mm

 

PILOT エラボー(金属軸) = 14.0mm

 

LAMY Safari = 14.2mm でも大型クリップがかなりせり出しているので、この寸法は妥当とは言えません。

 

LAMY2000 = 14.1mm

 

概ねペンシースの左右はカスタムヘリテイジ912とLAMY Safari以外のペンは大丈夫そうです。

真ん中の仕切りにはもう一回り大型のカスタム743などの15号ペン先を持つものも大丈夫そうですね。

 

しかし今回はこの三本を格納することにしました。

カスタムヘリテイジ92-F (神戸インク物語 / 垂水アプリコット)

エラボーSEF (色彩雫 / 月夜)

カスタムヘリテイジ92VO-M (色彩雫 / 紫陽花)

 

トラベラーズノートと一緒に。

ちょっとペンケースの自己主張が強いですが、頑丈に作られたこのペンシースであればカバンの中でラフに扱われても中のペンはしっかり守ってもらえそうです。

 

 

2015.05.17

トラベラーズノートの改良をしてみた。

プライベート用に購入したTraveler’s Notebook BlueEdition、シンプルな構造と多彩なリフィルでカスタマイズしやすい優れたノートだと思います。

 

ただし何もかも良い面ばかりではありません。

シンプルな革のカバーは中のリフィルの追加や組み合わせで様々なカスタマイズに対応できるのが特徴ですが、加工自体もかなりシンプルなので色々問題もあります。 それが味といえば味なのですが、手帳として使用するには色々不便な面もあります。

 

おとよは一週間ほど使用して感じたのは下記の点。

1.リフィル固定ゴムの金具が結構邪魔。

2.複数のリフィルを連結バンドで固定するとリフィルが安定しない。ずれる。

3.クラフトファイルやジッパーケースは、ゴム紐に固定されているわけではないのでずれやすい。

4.手帳を束ねるゴムバンドの結び目が盛り上がって使いにくく感じる。

 

他のBlogサイトでも不便と指摘される部分ですね。

この不便を改善するためのカスタマイズについての記事は色々紹介されていますが、おとよはこのように今回対応することにしました。

1.金具は単純に撤去

2.おとよは三冊のリフィルを使用するのでリフィル固定用ゴムバンド3本化。

3.クラフトファイル・ジッパーケースをゴムバンドに固定できるように。

4.ゴムバンドを太いものに交換して、カシメで固定。高さを抑制する。

 

必要材料

1.1.5mm径丸ゴム紐(約40cm) x 3本 (ヘアゴム用が色種・伸び・耐久性から考えて良い)

2.3mm径丸ゴム紐(約26-27cm) x 1本 (ヘアゴム用が色種・伸び・耐久性から考えて良い)

3.ハトメ(内径4mm、片面ハトメ・両面ハトメどちらでも良い) x 4組

4.両面カシメ(大・外形9mm) x 1個 (外形7mmの中タイプでも大丈夫かと思う。)

5.1mm径革紐(栞用として)

6.チャーム(栞用)

7.ダンボーのストラップ。(結束バンドのチャーム用)

まずは下準備、リフィル固定ゴムと金具を取り除き、革カバーの汚れをクリーナーで除去します。

ちょっとした擦り傷などもクリーナーで清掃すると目立たなくなります。

 

続いてリフィル固定ゴムを通している穴(4箇所)は2mm程の穴が開いています。

リフィル固定ゴムは1.5mm程の丸ゴムなので問題なく通りますが、複数本、今回は3本通すのでかなり無理して通す必要があります。

それはそれでよいのですが、リフィルを固定しているゴムはリフィルが脱落しないよう一定のテンションを掛けているので、無理してゴムを複数本通した状態でテンションが掛かると革がゆがむ可能性もあります。

ここはちゃんと3本の丸ゴムが通って且つ、穴が崩れないようハトメで補強します。

 

今回は3本の1.5mm丸ゴム紐を使用するので、もっとも小さな内径4mmのハトメで対応します。

まずはハトメを打ち込むため4mmのポンチで穴を広げていきます。

 

外側の穴はリフィル固定時の位置を決定していますので穴の中心を4mmポンチの中心にあわせて穴を広げる感じで。

内側の穴は穴の端を4mmポンチの外側にもって行き、内側に穴が広がるようにします。

これは穴同士が接近しないようにして、ゴム紐を通した時に革に掛かる負担をより分散させるためです。

 

続いて接着剤で端の切れ目を接着します。

ハトメを打ち込んだ後切れ目部分から革とハトメが分離しないようにするためです。

 

今回接着にはセメダイン SuperXを使用しています。 瞬間接着剤という方法もありますが、革を接着した場合革が本来持っている水分により長期的には接着力が保持できなくなるのと、瞬間接着剤は固まると弾力性がまったくありませんので革の接着にはお奨めではありません。

SuperXは接着剤は強力接着ながら湿気・水分で固まる性質なのと、カチカチに固まるのではなく弾力性を持って固まる性質から革との相性は良い接着剤と思います。

 

この接着剤で切れ目部分を接着し、続いてハトメを打ち込んでゴム紐が通る穴を補強します。

 

続いてはクラフトファイルとジッパーケースがずれてこないようにするための加工。

これはクラフトファイルとジッパーケースはリフィル固定用紐のリフィル固定で使用する外側ではなく、内側を通っているゴムを使用します。

そのためゴム紐を通すハトメを打ち込みます。

 

まずは一番外側に来るクラフトファイルの外形と、先ほど打ち込んだハトメの外側とをあわせ、内側のハトメの位置に印をつけます。

 

印を付けたら4mmポンチで穴を開けます。(計2箇所)

 

つづいてジッパーケースを重ねます。

 

ジッパーケースは左右ちょうど半分の位置ではなく、手帳を閉じたときにジッパーが若干外に出るようやや左寄りに合わせています。(このあたりは感覚的なものなので写真を参考に各人の判断で…)

 

ジッパーケースは透明なので、下にあるクラフトファイルの穴を参考に4mmポンチで穴を開けます。

また、ジッパーケースは若干外側の穴に掛かる関係からゴム紐と干渉しますので、外側穴位置に合わせて半円程度にカットします。

 

そしてハトメでクラフトファイルと共に固定。(計2箇所)

 

 

次はリフィル固定用ゴム紐を通します。

ゴム紐にはヘアバンド用の丸ゴム紐を使用しています。

 

伸びのよさ・耐久性・カラーバリエーションに優れるというのが選択理由。

また衣服用の平ゴム紐と違い2-3m程度の短めに切り売りしてくれているも便利です。

あとゴム紐だけは日本製にこだわったほうが良いです。 海外制は耐久性に問題があるものが多いのでせいぜい数十円の価格差で安かろう悪かろうになるくらいであれば最初から日本製を選択すべきかと思います。

 

それでは、リフィル固定用のゴム紐を3本通していきます。

今回は両側リフィルは紺色・真ん中のリフィルは青色のゴム紐になるようにします。

 

革カバー内側の穴にゴム紐を通すときは先ほど加工したクラフトファイル&ジッパーケースも一緒に固定しますのでちょっと作業はやりにくいですが、ゴム紐を通すときは通し初めから終わりまで決して捩れないようにします。

捩れると、リフィル固定時に固定できなくなる可能性がありますので、三本の並びが決して変わらないよう慎重に通し結びます。

 

流石に3本通すと、ゴムの力でカバーは曲がってしまいますが、リフィルを通すとリフィルにテンションが掛かるので問題ありません。

 

続いては手帳が開かないように結束するゴム紐の加工。

こちらは元々革カバーには3mmの穴が開いています。

これはそのまま流用します。

そして3mmのゴム紐を通します。

3mmの穴に3mmのゴム紐2本と寸法超えていますが、ゴムが縮んだ状態で直径3mmなのでこの程度であればすんなり通ります。

 

そこにカシメ金具を差し込みます。

 

カシメの足も直径3mmなのでこれは強めに押し込んで通します。

このカシメが入るとゴム紐はすでに強く圧迫されますので、この段階で長さ調整を済ませます。

 

そしてカシメます。

あまり強くか打ち付けてカシメを潰さなくとも、カシメの足がゴムを圧迫していますのでカシメすぎてゴム紐が切れることのないように。

 

そして余分なゴム紐をカット。

 

続いては栞の加工。

栞用には今回直径1mm程度の水牛の革紐を使用します。

 

栞の先端にはチャームを通しますが、革紐用のカシメが近所の手芸屋さんには取り扱いが無かったので、簡単に2箇所玉結びをしてチャームを固定。 ここは各人の好みに合わせて…です。

 

そして革紐をリフィル固定用ゴム紐の穴に固定しリフィルを装着。

リフィル個別に固定用ゴム紐が通っていますので、リフィルがずれることなくしっかり固定されています。

 

リフィル固定用のゴム紐もカシメ金具などを用意すれば綺麗に処理できると思ったのですが、ちょうど良いカシメ金具が見つからなかったので、こちらも単純玉結びのままで使用することにしました。 購入時についてきる金具よりもコンパクトなのでこれはこれで良しとします。

 

そして最後にダンボーストラップを結束用ゴム紐に装着して完成。

 

ペンホルダーは色々悩んだ末、ナガサワオリジナルのbeside ペンシースを結束バンドに挟んで使用することにしました。

 

ペンもちゃんと保護されて、これが一番邪魔にならずに運用できそうです。

 

かなり長文投稿になりましたが、加工時間としては1時間もあれば十分出来ますので、トラベラーズノートの不満解消にいかがでしょう。

# …普通の手帳に加工しているような気もするので、本来のコンセプトから外れているかもしれません(汗)

 

2015.05.10

買っちゃいました。 Traveler’s Notebook Blue Edition

仕事用のノートとして買おうかどうしようか悩んで「紳士なノート Premium C.D. NOTEBOOK」を購入したのですが、結局トラベラーズノートを買っちゃいました。ただしプライベート用の手帳として。

 

以前はほぼ日手帳を仕事用兼プライベート用として使用していましたが、一昨年からほぼ日手帳を使用するのをやめてしまいました。

それ以来、プライベートはRHODIA…メモ帳のみで過ごしていたのですが、やはり書き留めて捨てるのが基本のメモ帳ではちょっと無理があるので今回購入することに。

購入したトラベラーズノートはPAN-AMコラボレーションのBLUE EDITION

それと定番とされているクラフトファイルやジッパーケース、セクションノートetc・・・カスタマイズに走る前にまずは基本アイテム重視で調達しました。

 

購入は西神中央にあるナガサワ文具・プレンティ店(西神中央)で。

ネットではBLUE EDITONは品薄なようで、通販サイトによってはプレミア価格で販売されていたりしますが、そこはナガサワ…Designfil社の正規販売店だけあって在庫は潤沢。割引販売ではないですが、手堅く入手できました。

 

クラフトファイル / カードフォルダ / フリーマンスリーダイヤリー / セクション(方眼)ノート / 無地ノートとリフィルを入れるとほぼいっぱいという感じですね。 実際に使用するとここから膨らんでいくので、これ以上のリフィルの追加は無理でしょう。

 

ペンフォルダはクリップを引っ掛けるタイプのSサイズのものを使用しています。

ペンにはLAMY2000-EF、ついこの間までモレスキンで使用していたものです。

Safariやアルスターを使用しようかと思いましたが、トラベラーズノートの革は割りとやわらかいのでSafariの大型クリップはちょっと合いそうにありません。

 

インクは仕事で使用していたときは神戸インク物語の海峡ブルーを使用していましたが、このトラベラーズノートの青は「夜が明ける直前のうっすらと光が差し込もうとしている紺碧の空の青」をイメージして…との事なので、それに近い色を持つ色彩雫・月夜に入れなおしました。(こういう時、LAMYはペン先含めて完全分解できるので、インクの詰め替えが楽です。)

色合い…なかなか良い感じでしょ?

 

この手帳はカスタマイズしていくのがひとつの楽しみでもありますので、徐々にカスタマイズも楽しんでみたいと思います。

(直近は…ペンケースかなぁ…むき出しはやはり好みではない。)

 

 

1 / 612345...最後 »