«

2016.02.15

MD用紙を試してみました。

万年筆と相性のよい紙としては、ライフの”Lライティングペーパー”・”Tライティングペーパー”、midoriの”MD用紙”、巴川製作所の”トモエリバー”、アピカのプレミアムノート用紙等が有名です。

この中で、プリンタ用途に使用できるA4用紙100枚パックで販売されているものとしては、MD用紙A4があります。

 

この用紙、midoriオンラインストアでしか入手できないためあまり市場流通していませんが、プリンタで使用できて且つ万年筆とも相性が良い紙として期待できるため入手してテストしてみました。

 

入手したMD用紙A4はMDノートで使用されているものそのものです。

トモエリバーほどではないですが薄手の紙で、ややクリーム色がかっています。

プリンタ用紙として普及している上質普通紙と比べるとはっきりと色の違いがわかります。

 

今回テストで使用したのは、MD用紙・上質普通紙・マット紙の三種類。

プリンタ設定では、MD用紙は普通紙 / 上質普通紙も普通紙 / マット紙はスーパーファイン指定となります。

当然ながら緻密な印刷を行う場合は表面処理がもっとも緻密なマット紙がもっとも仕上がりが良いです。

ただ、ペン字練習用フォントで印刷して実際に万年筆で書いてみると結果はまったく異なります。

 

筆記テストでは下記のようなデータを準備しました。

 

15mmのマスの中に”永”の文字を印刷して、実際に万年筆になぞってみます。

使用する万年筆は、カスタムヘリテイジ912-FA(フォルカン)・インクは色彩雫の”月夜”

フォルカンは細字で抑揚が付けやすく、インクフローが潤沢、そして色彩雫はさらさらしたインクであるため今回のようなテストでは紙質の違い結果がはっきり現れます。(滲みやすいものにはハッキリと滲みが出る)

 

そして実際に書いたものをスキャナで取り込んだものが下記。

 

マット紙は吸湿性が非常に高い紙質のため、インク滲みが盛大に発生します。

上質紙は割とよくがんばっていて、滲みも少なめです。

ペン先がフォルカンでなければもしかしたら普通に使用できるかもしれません。

MD用紙は流石です。先に印刷したプリンタインクの影響で若干滲んでいますが、それでも問題ないレベルといえます。

 

これら結果から考えると、ペン字練習用としてプリンタで文字を印刷しペン(万年筆)でなぞるという用途にMD用紙は最良というのが今回の結論となります。

またMD用紙自体、手帳用で使用されるのが本来の用途でもありますので、自作のリフィルを作成しプリンタで印刷する場合にもこの用紙は活用できると考えます。(真っ白なMD用紙があれば更に良いのですが…)

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">