« | »

2015.11.15

VAIOが死んで、MAC買った。

妻が普段使用しているパソコンはVAIOノート。

 

結構前に自分で初めて買ったパソコンは98君・・・PC9821…CanBe。

自分でモデムカード増設したり、メモリ増設したり、FDDドライブ増設したり…

かなりの廃人っぷりを発揮していたのですが、VAIOが発売されてからはVAIO一筋です。

理由は「カッコいいから」…ここは女性らしいですね。

そのVAIOノートは、VGN-NW91GS…7-8年前に購入したCore2Duoのものです。

Windows7proが搭載された初期のものではないかと思います。

 

日々の家計簿、予定表、Webサーフィンその他もろもろ、一日中電源が入った状態でかなり酷使されてきたと思います。 この間、放熱FANが誇りで目詰まりしたり、キーボードに異物が混入したり…経年で発生するトラブルは何度かありました。 これらは都度私が分解してオーバーホールすることでまぁなんとかメーカー修理という自体は避けてきたのですが、思わぬ形で買い替えのときが来ました。

 

液体…そうミルクティーをこぼしてしまったのです。

 

甘味料が入った液体はパソコンには致命傷になりかねず…VAIOもその影響がありました。

分解してキーボードを洗浄してみましたが、張り合わせのフィルム基板内部に甘味料が浸透してしまい、無限キー入力状態から回復しません。 メーカー修理するにも既に部品保有期間が過ぎていますので、仕方なくキーボードはハーネスを外して使用不能にし、近所のヤマダ電機で700円で購入してきたUSBキーボードで急場は凌ぐこととして、新たなパソコンを購入することにしました。

 

妻の第一希望は…やはりVAIO。

でもVAIOは会社ごと身売りしてしまったので以前のVAIOではないんですよね。

OSもWindows10インストールモデルになるので、おとよ的にはちょっと消極的。

 

OS変わることや、普段使用している家計簿系ソフトはOpenOfficeであること、妻のスマホはiPhone6s、ディスクサーバーはLinuxで構成しているのでSambaでもNFSでも接続できる…これらを考えれば、Windowsに拘る必要もないので、この際MACに移行することにしました。

もともとおとよは会社標準パソコンがWindowsになって業務パソコンが配布されるまではMac Quadra950を使用していたので、MACのほうが馴染み深いです。OSがバージョンアップしても操作系が統一されているのはMACの魅力ですし、以前ほどMACは高額なパソコンではなくなったので妻にMAC(MacBook Air)を一押し。

 

使ったことのないパソコンなので、当初は戸惑っていた妻ですが、ショップで現物を見てMacBookのデザインを見て即決…その夜にAppleStoreでポチっとしました。

 

購入したのは、MacBook Air 13インチモデル。

CPUは標準のCore-i5。

メモリは増設して8GB。

SSDは多少余力もたせて256GB。

ショップ販売モデルはメモリ=4G / SSD=128GBモデルなので、この構成はAppleStoreカスタマイズのみ。価格は14万少々なので、DELL/HPといった海外ブランドパソコンにはかないませんが、国内大手メーカーモデルと価格的には遜色ありません。

 

明日にでも配達されてくるようなので、18年ぶりのMACを堪能したいと思います。

(といっても…メインで使用するのは妻なのですが…)

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">