« | »

2015.10.31

RED BULL FLUGTAG KOBE 2015に行ってきました。

神戸港開港150周年記念のイベントとして開催された、RED BULL FLUGTAG KOBE 2015に家族で行ってきました。

 

REG BULL FLUGTAGは世界で100回以上の開催歴を持つイベントで、日本では初開催。

日本で人力飛行機のイベントとしては、より開催歴の長い鳥人間コンテストが有名で、FLUGTAGのご本家ドイツのイベントは飛距離を競う人力飛行機のイベントですが、REG BULLのものは違います。

滞空時間が長くても表彰台には上ることはできず、飛行距離・クリエイティビティ・ショーマンシップの3項目で評価される、完全イベント重視の人力飛行機の大会です。

 

イベントチケットは¥500-。

入場ゲートをくぐるとき、協賛よりREG BULLが渡されます。

実質これでイベントチケットは¥300-です。 安いですね。

 

人力飛行機が飛び立つイベントデッキは第一突堤にあり、今回イベント観覧では対岸に位置する第二突堤の2Aのエリアを指定しました。

 

イベントは飛距離も重要ながら、それはポイントの1/3の要素に過ぎず、残り2/3は機体の出来栄えと、クルーのパフォーマンスという特殊性で、会場は完全にお祭り騒ぎ。 目立つことに注力しているチーム、何かしらテーマに沿って我が道を斜め上に突き進むチーム。

非常に個性的なイベントでした。

RED BULLといえばマイナースポーツであっても常にスポンサードする企業というイメージですが、今回はスポーツから対極に位置するイベント。 こういう部分にもスポンサードする企業姿勢には頭が下がります。

 

以下はおとよが個人的に気に入ったチームの皆さんの飛行(落下!!)の模様です。

赤ベコ グライダー

 

みつばちブンブン

 

ヤフー航空同好会ショッピングレボリューション

インタビュアーが間違って(わざと?)「楽○ショッピング」と言い間違えたのは笑いました。

 

機動戦士ガンダム (どうやら水面に立たせたかったらしいですが・・・)

 

Flyingあかっシー(明石) 明石市非公式という冠や、なにやら聞いたことのある名前、

やぐらのピンクの物体も色違いで見たことのある・・・でもチームは加古川市の皆さんです。

 

忍法☆手裏剣大飛行

 

すしに翼を

 

ちゃぶ台返し~おこめ編~

 

イベント開催中。 途中休憩もかねて、プロによるパフォーマンスも披露されました。

特に高圧ジェット水流を用いたウェイクボードが圧巻。 これだけでも今日見る価値がありました。

 

今回は初開催ということで、当初予定していた出場枠がすべて埋まりきらなかったとか。

それでも配置されている人員や、場所、安価なチケットなど、神戸市がかなり協力体制を敷いてイベント開催にこぎ着けている事が随所で感じられました。  来年また日本で開催されるかどうかわからないですが、また神戸で開催してもらえたらと思います。

何度も繰り返すことでそれが歴史になり、イベントももっと盛り上がるかもしれないからです。

 

真面目にお馬鹿なイベント…そうそうないので今日は本当に楽しかったです。

 

イベント終了は16:15頃…夕焼けがイベントステージにかかろうかというころ頃でした。

 

神戸市消防局の消防艇「くすのき」による放水デモでフィナーレとなりました。

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">