« | »

2015.09.21

PILOT x SOMÈS ペンシースを買いました。

トラベラーズノートと一緒に持ち歩くペンケースにPILOT x SOMÈSのペンシース3本差し(SLS3-01-BN)を購入しました。

 

SOMÈSといえば鞍などの馬具を発祥とした高級皮革製品専門のブランド。

よってパッケージもなかなか凝っています。

 

実はPILOT x SOMÈSのペンシースは2つめです。

1年ほど前に2本差しのものを購入。

仕事時のペンケースとして使用しています。

 

個別で見るとそれぞれはさほど差はないですが、並べてみると2本差しの方が1年の間に革が馴染んでやや光沢を帯びているのがわかります。

 

このペンシースは外側は厚手の牛皮革&コバ仕上げで非常にしっかり縫製されています。

内張りには傷が付かないようスエード地の皮革を用い、ペン同士が干渉しないように仕切りが仕掛けられています。

この仕切りは左右に倒れる構造なので、真ん中部分は1-2mm程度の内径の猶予が生まれますので、軸の太いペンでも対応できるようになっています。

 

寸法を測ってみると、左右が14.5mm ・ 真ん中が16mm / 高さは15.5mm程度あります。

 

この太さのペンはどのくらいか、手持ちの万年筆を測ってみました。

カスタムヘリテイジ912 = 15.6mm

 

PILOT カスタムヘリテイジ92 = 14.5mm

 

PILOT エラボー(金属軸) = 14.0mm

 

LAMY Safari = 14.2mm でも大型クリップがかなりせり出しているので、この寸法は妥当とは言えません。

 

LAMY2000 = 14.1mm

 

概ねペンシースの左右はカスタムヘリテイジ912とLAMY Safari以外のペンは大丈夫そうです。

真ん中の仕切りにはもう一回り大型のカスタム743などの15号ペン先を持つものも大丈夫そうですね。

 

しかし今回はこの三本を格納することにしました。

カスタムヘリテイジ92-F (神戸インク物語 / 垂水アプリコット)

エラボーSEF (色彩雫 / 月夜)

カスタムヘリテイジ92VO-M (色彩雫 / 紫陽花)

 

トラベラーズノートと一緒に。

ちょっとペンケースの自己主張が強いですが、頑丈に作られたこのペンシースであればカバンの中でラフに扱われても中のペンはしっかり守ってもらえそうです。

 

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">