« | »

2015.08.10

行ってきました。「第45回・みなとこうべ海上花火大会」

「第45回・みなとこうべ海上花火大会」に行ってきました。

昨年まではポートアイランド・北公園から撮影していましたが、以前は花見見物の穴場とされていた北公園もあちらこちらで紹介されるようになりすっかりメジャー観覧スポットに。 それに伴い、花火撮影目的のアマチュアカメラマンと、見物客とのトラブルも増加、ついに北公園での三脚を使用しての撮影禁止に。

三脚利用しての撮影許可エリアは同じポートアイランド・しおさい公園にある階段広場付近となりました。

 

北公園と勝手が違うので、当日は1時間早く11:30頃に現地到着。

やはりというか近くの駐車場は満車で入れず。

仕方ないので10分ほど離れた北公園の駐車場に車を止めて、公園入りです。

 

神戸学院大学の西側に位置する南北に長いこの公園。

かなり広いですね。

ただこの公園は南北に長いので、花火の観覧スポットとしては公園北側がメインでしょう。

 

撮影可能場所は階段公園付近なので、公園中央部。

つまり、観覧に適した公園北側の後ろになりますので、要は撮影するなら邪魔にならない後ろから撮りなさい…ということですね。

北公園から花火打ち上げが行われるハーバーランド沖合いは割りと近くなのですが、この場所からは若干距離があります。

300mほどの違いだと思いますが、やはりハードーランドやポートタワーがやや霞んでいます。

 

なので毎回対岸を撮影するレンズにはいつもEF70-300mm F4-5.6 IS USMを持っていくのですが、今回は若干長めが必要なんじゃないか・・・ということで、SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG HSMを持ち込みました。

結果的にはこれが大正解で、ワイド端50mmが画角的にメインの花火を写すのにちょうど良い感じ。

ただ上空高く打ち上げられた花火は納まらないので、こちらはPowerShotG12のワイド側をセットして2台体制で挑むことにしました。

 

当日天気予報では、夕方に掛けて大気が不安定になって雷雨の予報。

そして15~16時くらいに、ハーバーランドはかなり強い夕立が発生。

 

17時くらいからは雷雲も発生して、17:30に大雨洪水警報が発令されるまでに。

 

しかし、18時には天候も回復して、何とか無事晴天で花火を見ることが可能になりました。

 

この時期、北公園から望む夕日はちょうどポートタワーとホテルオオクラとの間くらいに日が沈むのですが、今回は場所が違いますので、どの辺りなんだろう…と観察していると、ちょうど造船所のクレーンに夕日が沈むのですね。

これはこれでよいアングルです。

 

撮影は順調に行えました。

いつもとは違うアングルなので、ちょっと新鮮です。

今回撮影ではやや試行錯誤した部分もありましたので、来年はもっとうまく撮りたいと思います。

 

ちょっとボヤキ…

撮影に来ていた人たち…花火だけが目的の人が多くてちょっとびっくりでした。

しおさい公園は神戸港航路に沿うように南北に長い公園ですから、客船が頻繁に行き来しています。

花火撮影としては条件がやや良くない場所ですが、風景撮影としてはなかなか面白い場所です。

 

しかし、航路に船が入ってきてそちらにカメラを向けた人、夕日が沈むさまにカメラを構えた人・・・数名でした。

夕方になると150名くらい撮影可能エリアにカメラを構えていましたが、皆三脚にカメラをセットしていめものの、カメラが太陽で熱せられないように、タオルを掛けて、夕立を警戒してビニルを掛けて…興味なしという感じです。(細かいことを言うと、デジカメは撮像素子の温度が上がるとノイズが増える傾向なので、炎天下にカメラを晒し続けるというのは本来はやめたほうがいいんですけどね・・・)

 

場所取りでも険悪なやりとりを見かけることがありました。

後からやってきた人に、前で三脚をそんなに高く立てるな・立つな座れ…「皆が楽しく撮影したいだろ、な?」と数名のグループがクレームを入れています。…最近は花火撮影も段々撮り鉄のような様相を呈してきていて、こういうのを見ているとちょっと考えるものがあります。

 

撮影データは、別途ギャラリーのほうにアップいたします。

詳細はそちらにて。

2015.08.08追記 / ギャラリー UpLoadしました。

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">