« | »

2015.05.31

美文字は一日にして成らず

ペン字の練習を始めて約2ヶ月ほど経過しました。

 

もともと練習を始めようと思ったのは亡き父が達筆で、生前父より頂いた手紙などを見ていて今の自分が悲しくなってきたのがきっかけ。

妻からは「そんなに下手ではない、見やすい字」とフォローしてくれますが・・・やはりどう贔屓目に見ても汚文字です。

どうも私はこういう幼いときに学んでいればよかった事を後からやりだすんですよね。

もともと私は握り箸だったのですが、18歳のときに急にそれではいけない…と正しい箸の持ち方を覚えたのもそう。

後からやると、長年染み付いた癖を取るのに時間が掛かる分不効率です。

 

ペン字もそうですね。

長年染み付いた筆圧や手の運びからくる癖字はなかなか治りません。

2ヶ月経過して汚文字がなんとか見れる字になったかどうか…という感じです。

でも仕事が忙しくてちょっと練習をやっていないとすぐ元の字に戻ろうとします。

特に小さい字を早く書こうとするとその傾向が顕著です。

 

本当に、美も字は一日にしてならずです。

 

最近、美文字レッスンの通販等がよく取り上げられています。

やはり潜在的に美文字に憧れる人は多いんでしょうね。

この手の通販では字が汚いことに対してのコンプレックスをガンガン煽って、このテキストを使って練習するとこんなに簡単に美文字になりました…というものが多いですね。 所謂、かつら、ダイエット関係の商法に近いものです。

 

正直・・・10分20分・・数文字見本をなぞった程度で癖字なんて直りません。

それが出来たらノーベル賞ものです。

私もペン字練習開始当初は書き込み式練習帳などを購入して練習しました。

あれ・・・たしかに見本をなぞった後は字が綺麗になります。

でも1時間模したら元に戻ります。

何でかな・・・と色々考えるみると理由は簡単です。

 

短期記憶に頼った模写なんですね。所詮。

 

見本が頭の記憶にあるのと、それをなぞった記憶が手に残っているので、真似をしてるだけ。

でも短期記憶はすぐに消えてしまいますので、結局元に戻ります。

 

そりゃそうですよね、何年も掛けて染み付いた癖字というのは長期記憶です。

これを消去するのは繰り返し矯正して、その記憶を新たな長期記憶で上書きするしかありません。

私が握り箸を矯正するのに約半年掛かりました。

手に染み付いた記憶を消すのにそのくらい掛かったのですから、すべての文字の筆順や筆圧含めて手が記憶している癖字を直すのも同じかそれ以上かかるのは当然です。 なので2ヶ月経過した今も・・・到底綺麗とは言えません。

今はひたすら書き込むことで、手の動きと頭でイメージした字とのギャップを認識して、自分が綺麗と思える字になるようペンを走らせる努力をしているところです。 なのでペン字練習には、方眼5mm/10mm実線いりの所謂漢字練習帳が今は最適。

方眼で字を覚えてしまうと、今度は文章を書くときに字のバランスを取るのが難しくなるといわれていますが、それは後々考えること。

まずは、まともな一文字・・・ここからです。

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">