« | »

2015.03.29

口内炎に「リステリン トータルケア ゼロ」

「リステリン トータルケア ゼロ」を購入しました。

 

11月の手術以降、手術中どうしても右内耳に通っている味覚神経切断せざるを得なかったため合併症として味覚障害を負ったわけですが、この二次被害で口内炎が酷いことになっています。

味覚がわからない為に口内炎というのなぜ?? となりますが、右内耳にある味覚神経は舌の前半分の感覚を司っていますので、味だけでなく熱さもここが担っています。 特に舌の前半分ですので食事を口に運んだときの熱さが判りにくくなってしまいました。

この影響は結構大きくて、出来たての熱々ご飯・おかず・汁物…熱さが判らず口に入れてから「熱い!!」を繰り返してしまいます。

気をつけていても感覚がわからないので中々なれることが出来ません。

このため口内いつも火傷状態で火傷から進行した口内炎も発生治癒を繰り返してしまいます。

特に感覚が弱っている舌が火傷被害が大きいため、複数が舌に出来る傾向です。

 

経験あるかたはご存知かと思いますが、舌に出来る口内炎はかなり痛みを伴います。

薬を塗ろうにも常に動く器官なので薬が剥がれてしまい中々治癒しません。

口内炎の有効な治療といえビタミン補給と消毒がもっとも効果的です。

マルチビタミン系サプリを服用し治癒に必要な栄養を補給し、消毒による対処として口内炎でもっとも効果が高いというリステリンを服用するのですが、リステリンは溶剤としてエチルアルコールを含んでいるためアルコールによる痛みがハンパではありません。

特に口内炎が舌に出来た場合にリステリンというのは苦行でしかなく、溶液を含んだ瞬間から出来た場所すべてに針を刺したような痛みが襲ってきます。

数秒で目が真っ赤になって涙目…とてもつらい消毒です。 (もともとリステリンは口臭予防+口内殺菌等が主目的、口内炎=炎症に使用するというのは想定外なのでリステリンには罪がありません。そこは理解の上です・・・でも痛い)

しかし、口内炎に有効とされている1.8シネオールを含んでいる洗口剤はリステリンなのでこれまで我慢して使用していました。

 

低刺激とされるノンアルコール仕様もあるようですが、おとよの近所のドラッグストアでは見かけないので実際どの程度なのか不明なままでした。

しかしここ最近、舌に10箇所くらいの口内炎が出来たことで痛みに耐え切れず、Amazonで購入したのがこの「リステリン トータルケア ゼロ」です。

普段はもっとも殺菌効果が強いとされている紫の「リステリン トータルケア」を使用していますが、その効能そのままのノンアルコール仕様です。

 

実際使用してみると、多少ミントの刺激はありますが口内炎に刺すような痛みはありません。

20~30秒口の中でぶくぶくした後吐き出すと、古い粘膜も除去され、痛みもかなり緩和されていますのでアルコール仕様のものと効果は差はなさそうです。 これならば洗口した後で痛みに耐えかねて水でゆすぐ必要もなさそうです。(洗口剤は効果維持のため吐き出した後、ゆすがないのが基本)

普段購入しているアルコール含有仕様の価格よりも安く購入できたので、もっと早く購入していればよかったです。

 

口内炎でお悩みの貴方…個人的にこれお奨めです。

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">