Home > 11月, 2015

2015.11.16

英字配列キーボード(ローマ字漢字変換)で思ったこと。

MacBook Airを購入するのにAppleStoreを徘徊しているとちょっと気になった写真がありました。

MacBook Airはバックライトキーボードが採用されていますが、AppleStoreのサンプルで掲載されているものはASCII配列のもの。

 

「あれ? MACって日本語キーボード持っていたよね?」と素直な疑問。

おとよと妻はパソコン通信時代からパソコンを使用していたので、所謂かな入力派。

ローマ字入力も出来ますが、入力速度と打ち間違いのなさで考えるとかな入力のほうが楽チンです。

ググってみるとJISかな配列キーボードもちゃんと準備されているのが判り安心して発注できたのですが、その過程でMACキーボードのかなキーに対する酷評している意見もちらほら…

まぁ選択の自由なのでご自由に…なのですが、かなり誤った認識が広まっているようにも思います。

 

多くの場合、キートップに書かれている「かな」印字が邪魔、ASCII文字のみが美しい…という意見で、ここでの前提は日本語入力はローマ字入力なのだと思いますが、おとよ的には「そもそもローマ字入力でなぜ満足しているのだ??」と思ってしまいます。

デザイン的な美しさを語りたい気持ちもわかりますが、コンピューターは所詮道具。

道具としての性能・機能を犠牲にしてデザイン重視は本末転倒。

そこまで日常で日本語を大量に打たないというのもあるかもしれないですが、

26文字覚えるだけだから簡単

 → いやいやキーボードは結局85~100ボタン分覚えないと意味ないんだから、理由になってない。

ブラインドタッチで高速入力できるからASCIIのほうが速い
 → この話はブラインドタッチ同士で比較していないので無意味、かな入力のブラインドタッチはハンパない速さ。

かな入力/ローマ字の入力の話題は多くの場合こういう話に終始していて意味ないと思います。

どう比較しても、ローマ字入力は打撃数が多い、「Computerとコンピューター」…を打つために『ComputerTOKONNPYU-TA-』とローマ字ひらがな変換を思考ロジックに一段入れるのはやはり思考の妨げになる可能性があります。

 

日本のコンピューターの歴史で、ローマ字入力が登場したのがかなり後。

THE 国産パソコンのNECパソコン(PC6601/PC8001/PC8801/PC9801)の登場初期は日本語といえば半角かなが基本で、かな配列で入力するしか方法がありませんでした。 その後登場した初期の漢字変換のNEC単漢字変換もかな入力が基本。(なんと初期のワークステーション、DEC社のPDP/11やDEC/11も日本語環境ではかな入力です)

 

ローマ字入力をサポートしたのは一太郎にバンドルされたATOKが最初だったと記憶しています。

キーボードアレルギーという言葉が出来るほどパソコンに馴染めないおじ様たちが生まれた時代です。

この時に「26文字覚えれば大丈夫…」という触れ込みで採用されましたのがローマ字入力。

覚えるキーが少なくてよいということで一様に広まりましたが、いつの間にかローマ字入力こそが真…のような流れになってしまい今だこの慣習を引きずっているのも事実。

 

これは学校のパソコン授業にも波及していて、日本語入力をローマ字入力で教えている・・・これって絶対おかしい。

そもそも、先生がかな入力を覚えなかったのがすべてだと思いますが、学校の先生はパソコンの専門家ではなく指導要綱を片手間で覚えたもの…またその教員課程を教えている先生もローマ字入力の世代。

 

それを子どもに押し付けていいの?

 

学校の授業では百人一首などを覚えます。

なのに26個の少ないキーを覚えるだけで云々というのはまったくおかしい。

子どもの記憶力と環境適応能力を考えれば、かな入力を覚えさせるべきだと思う。

まぁおとよのこういう意見も、かな打ち派の押し付けに過ぎないのかもしれないですが…

 

限られた時間で一気に数千文字の書類を作ってみると…かな入力を覚えていて良かったとひしひしと感じます。

特に技術書類のような英語と日本語の混在文章はなおさらです。

日本語文章入力で入力効率改善をお考えの方…一度かな入力を試されてはいかがでしょう。

半年くらいで大体入力できるようになるので、それほど難しいものではないですよ??

 

 

2015.11.15

VAIOが死んで、MAC買った。

妻が普段使用しているパソコンはVAIOノート。

 

結構前に自分で初めて買ったパソコンは98君・・・PC9821…CanBe。

自分でモデムカード増設したり、メモリ増設したり、FDDドライブ増設したり…

かなりの廃人っぷりを発揮していたのですが、VAIOが発売されてからはVAIO一筋です。

理由は「カッコいいから」…ここは女性らしいですね。

そのVAIOノートは、VGN-NW91GS…7-8年前に購入したCore2Duoのものです。

Windows7proが搭載された初期のものではないかと思います。

 

日々の家計簿、予定表、Webサーフィンその他もろもろ、一日中電源が入った状態でかなり酷使されてきたと思います。 この間、放熱FANが誇りで目詰まりしたり、キーボードに異物が混入したり…経年で発生するトラブルは何度かありました。 これらは都度私が分解してオーバーホールすることでまぁなんとかメーカー修理という自体は避けてきたのですが、思わぬ形で買い替えのときが来ました。

 

液体…そうミルクティーをこぼしてしまったのです。

 

甘味料が入った液体はパソコンには致命傷になりかねず…VAIOもその影響がありました。

分解してキーボードを洗浄してみましたが、張り合わせのフィルム基板内部に甘味料が浸透してしまい、無限キー入力状態から回復しません。 メーカー修理するにも既に部品保有期間が過ぎていますので、仕方なくキーボードはハーネスを外して使用不能にし、近所のヤマダ電機で700円で購入してきたUSBキーボードで急場は凌ぐこととして、新たなパソコンを購入することにしました。

 

妻の第一希望は…やはりVAIO。

でもVAIOは会社ごと身売りしてしまったので以前のVAIOではないんですよね。

OSもWindows10インストールモデルになるので、おとよ的にはちょっと消極的。

 

OS変わることや、普段使用している家計簿系ソフトはOpenOfficeであること、妻のスマホはiPhone6s、ディスクサーバーはLinuxで構成しているのでSambaでもNFSでも接続できる…これらを考えれば、Windowsに拘る必要もないので、この際MACに移行することにしました。

もともとおとよは会社標準パソコンがWindowsになって業務パソコンが配布されるまではMac Quadra950を使用していたので、MACのほうが馴染み深いです。OSがバージョンアップしても操作系が統一されているのはMACの魅力ですし、以前ほどMACは高額なパソコンではなくなったので妻にMAC(MacBook Air)を一押し。

 

使ったことのないパソコンなので、当初は戸惑っていた妻ですが、ショップで現物を見てMacBookのデザインを見て即決…その夜にAppleStoreでポチっとしました。

 

購入したのは、MacBook Air 13インチモデル。

CPUは標準のCore-i5。

メモリは増設して8GB。

SSDは多少余力もたせて256GB。

ショップ販売モデルはメモリ=4G / SSD=128GBモデルなので、この構成はAppleStoreカスタマイズのみ。価格は14万少々なので、DELL/HPといった海外ブランドパソコンにはかないませんが、国内大手メーカーモデルと価格的には遜色ありません。

 

明日にでも配達されてくるようなので、18年ぶりのMACを堪能したいと思います。

(といっても…メインで使用するのは妻なのですが…)