« | »

2014.12.14

退院して二週間が経過しました。

当初は12月3日まで入院予定でしたが、思いの外経過も良好だったので11月末で退院し、12月より職場復帰しています。

はじめは疲れやすいとか元の生活に戻るのに多少なりとも時間を要したのですが、今のところは順調です。

傷の方ももともと耳の裏側からアクセスしたのもあり、注意してみないと傷口はわからない場所でしたが、今ではぱっと見た感じではわからなくなってきました。

でも耳自体は一度外した状態になっていますので、神経自体はまだ元に戻っていないのでさわってもいまいちよくわからない状態。 こちらは追々治ってくるのでしょう。

 

合併症の味覚障害については今のところ進展なし。

色々ググってみても感覚が戻る場合と戻らない場合・・・は色いろあるようなので、こちらは半年-1年経過してみてどうかというところ。 ただ、日々の食生活は大きく変わってきました。 やはり味の濃い食べ物はダメですね。 味が濃いということは色々な調味料が混ざっているということで、甘味と辛味がよくわからない状態になると、生きている苦味・酸味・塩辛さの神経が敏感になってくるので、味の濃い食べ物ほど覚えている味との落差にびっくりすることがあります。 カレーやシチューが苦い食べ物と感じた時は異国の珍しい料理を食べた時のようなカルチャーショック状態になりました。

なので極力、薄味の香り重視の食べ物にシフトしています。

でも今まで食べていた味はどうなるのかも興味あるのでちょくちょく普通の料理を食べては、驚きの発見を繰り返しています。

 

そして12月12日は退院二週間後の検診でした。

経過は良好、真珠腫を除去したあとの鼓膜の状態もよく、耳孔内も綺麗であるとのこと。

ただ内部に残してきたゼリー状の抗生物質がまだ残っているので聞こえ自体は難聴気味が続くとの事。

それでも入院前と比べると聞こえはかなり良くなっています。

補聴器なしではちょっとつらいですが、補聴器の増幅率をかなり絞ってもちゃんと聞こえるので、耳孔内の薬が抜けた後どうなるかは非常に楽しみな状態です。

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">