« | »

2014.02.09

オキナ製”プロジェクトステッカーメモ”

以前、Twitterでつぶやいたことがあるオキナ製の”プロジェクトステッカーメモ”。

別バージョンのものを入手したのでご紹介します。

 

理工系高校・大学出身の方はレポート作成などで一度はお世話になったことのあるであろう、オキナ(okina)のProject Paper

5mm方眼のレポート用紙タイプでちょっとした設計図やフローチャートを作成するときにも便利な用紙です。

おとよもA3タイプのProjectPaperは20年以上愛用しています。5mm方眼A3タイプは無二の存在なので非常に重宝します。

 

そしてこのProjectPaperには、糊がついた付箋タイプがあります。

それがこの”プロジェクトステッカーメモ“。

 

取り扱っている店舗は少ないですが、通販では割と容易に手に入ります。

このステッカーメモは通常のProjectPaperで使用されている用紙で作られていますので5mm方眼です。

 

大きさ的には付箋というよりその名の通りメモなのですが、5mm方眼で貼って剥がせる付箋タイプはおそらくこれが唯一のものではないでしょうか?

 

そしてこのステッカーメモにはもうひとつバリエーションがあって、トレーシングペーパータイプがあります。

使用している用紙は5mm方眼のトレーシングペーパーですので下地が半透明で透けて見えます。

 

普通のProjectPaperタイプよりちょっと高めですが、下地が見えるので中々良いのではないかい?? と取り寄せてみました。

そしてモノが手に入り試し書きをしてみたところ…ちょっと残念な部分があります。

半透明で確かにトレーシングペーパーなのですが用紙自体に撥水性があり、油性インクもしくは鉛筆では問題ないですが水性のもの用紙が弾いてしまいます。

 

写真は万年筆で書いたものですが、インクが浮いているのが見えると思います。

水性ボールペンでも同様で、速乾性のHiTech-Cでも弾いてしまうようです。

もちろんインクはそのうち乾いてきますが、まだら状態の筆跡となってしまいます。

うーん…もったいない。

インクが乗ってくれれば最強なのですが…おそらく紙の表面処理なんでしょうかね。

 

たとえば3Mのフィルムタイプの付箋の場合、フィルム自体は防水というか撥水性があるものの、#4000位のラッピングフィルムのように非常に細かな表面処理がなされているので水性インクでも滑らかにインクが乗ります。

 

こういう感じでインクが乗ってもらえるとうれしいところですが、今後のオキナさんの改良に期待したいと思います。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">