« | »

2014.02.02

“楽天でんわ” と “FUSION SMARTalk”を使ってみて。

おとよは先月まではFOMAスマホのELUGA V P-06Dを使用していたので、無料通話分を含むFOMAプランで運用してきました。

しかし、Xperia X1f(SO-02F)に機種変しましたので今はXiプランに切り替わっています。

しぶとくFOMAプランにしがみ付いていたのは、神戸市西区のXiエリア対応の遅れ(注1)と、ギリギリXi(LTE)-FOMA(3G)の切り替わりエリアでの通信の不安定さを嫌ってというのもありますが、仕事で通話することも多いのでdocomoに限らず今の4G回線の通話料は横並びで30秒21円と高い…というのもあります。

 

Xiへの切り替えでは家族間通話の事も考えXiトーク24の契約をしましたので相手がdocomo回線の場合は無料で通話できます。 仕事で携帯・スマホを使用されている方はdocomo回線の割合が高いのでそれはそれで恩恵があるのですが、個人で契約されている方はauやSoftBankの方も多くなってきます。

そこで当初はIP PhoneのFUSION SMARTalkを契約して通話料の節約をしようとしたのですが、後日楽天でんわも知り現在は両方を契約して運用しています。

 

実際に”楽天でんわ”と”FUSION SMARTalk”を使用してみると、確かに安さではSMATalkが一番安いですが、IP Phoneであるが故に何時でも安定した品質が得られるかというとそうも行きません。 そういう意味では、音声回線である3G回線を利用したプレフィックス通話で実現している楽天電話の方がオールマイティに通話をこなせるという感じです。

ただ、プレフィックス通話なのでXiトーク24ではdocomo同士は無料でも、楽天でんわ経由ではしっかり料金が発生しますのでここは注意が必要。 相手がどの回線を契約しているかは多少意識して発信するサービスを選ぶ必要があると思います。

 

なお、”楽天でんわ”には対抗馬として”G-Call”が、”SMARTalk”には対抗馬として”050plus”等があります。

料金面だけで見るとG-Callや050plusが有利な場合も多々あります。

ここは利用される各個人の利用想定により結論が変わるかと思いますので、必ずしも私の運用がベストという事にはならないと思います。

 

docomo Xiトーク24 vs 楽天でんわ vs FUSION SMARTalk 各種比較

 Xi (Xiトーク24)楽天でんわFUSION SMARTalk
月額基本料¥1,480-¥0-¥0-
通話料比較
docomo無料28.6秒/10円35.7秒/10円
au14.3秒/10円28.6秒/10円35.7秒/10円
SoftBank14.3秒/10円28.6秒/10円35.7秒/10円
固定電話14.3秒/10円28.6秒/10円35.7秒/10円
NTT-Com系
050サービス
14.3秒/10円28.6秒/10円35.7秒/10円
FUSION系
050サービス
14.3秒/10円28.6秒/10円無料
使い勝手の比較
通話遅延ほぼ無いほぼ無い。データ通信の状態が良くとも0.5秒程度は遅れる。
ちょっとトランシーバー感覚
通話品質3G回線なので、FOMAと同等ノイズがのる場合がある。データ通信が混雑していると、途切れる場合あり。
移動利用FOMA回線で通話なので従来通りのハンドオーバーはされる。FOMA回線で通話なので従来通りのハンドオーバーはされる。データ通信なのでハンドオーバーが発生した際に、通話が切れる可能性あり。
利用想定対ドコモ専用通話品質をある程度確保したい場合。自分の発番号通知が必要な場合。左のそれ以外。
留意事項プレフィックス番号"003768"が発信時に付与されるので通話記録には003768+相手先番号が記録される。
このため003768付の連絡先登録をしないと通話記録がおかしなことになる。
通話が終了したら、アプリキャッシュをクリアして、SMARTalkアプリを確実に終了しないとバッテリ消費に多少なりとも影響する。

 

なお相手がどの回線を使用しているかわからない・・・という意見もちょくちょく聞くことがありますが、最近は発呼時に相手のキャリアがはっきりわかるようになっています。 未来永劫絶対にそう・・・というわけではないですが、参考までに。

docomoの場合 → 割と大きな音で「ドコモ!!」が最初に入る。

auの場合 → 「プ・・プ・・プ・・プ・・プ・・」+「おつなぎします」+メロディ。

SoftBankの場合 → 「プ・・プププ・・プププ・・プルルルルルル・・」。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">