Home > 12月, 2014

2014.12.31

2014年もあと少しとなりました。

皆さん今年はどのような一年でしたでしょうか?

おとよはやはり11月に耳の手術のため入院したのが一番大きな出来事でした。

それ以外では仕事で大きな変化があり、これまでの考え方・進め方変える必要があった事。

毎年同じ様に過ごす事が出来ればそれはそれで良い事と思いますが、世の中はどんどん変化しています。

常に前進していくためにも、去年とは違う自分になれるようになりたいものです。

年明けから実施しようと思っている事は色々ありますが、これらは追々ご紹介 or ご報告したいと思います。

 

今日は大晦日ということで、先日より行っていた家の大掃除もやっと一段落し、大掃除の締めくくりとしてサーバーの大掃除をしました。

 

現在のサーバーにはケースにAOPENの360シリーズのケースを使用しています。

所謂ブックサイズケースですが、5インチベイが2機搭載可能という他社にはないギミックが特徴で、以前のWEBサーバーでもこのケースを使用していました。(つまり10年以上販売されているロングセラーモデル。)

以前使用していたサーバーは標準搭載されているSFX電源の排熱ファンで内部の熱を逃がす負圧動作のエアフローでした。

このため年末の大掃除の時には堆積した埃でかなり悩まされました。

現在のサーバーではサイドパネルからフィルターつき12cmファンで内部に空気を取り込む正圧動作が特徴です。

 

正圧動作にすると、吸気口のフィルターに埃が溜まりやすくなりますが、内部の埃が堆積するリスクは少なくなります。

自宅サーバーは業務用サーバーのように埃が進入しないように作られたマシンルームに設置できるわけではないので、冷却効率を優先した負圧エアフローというのはリスキーです。 よって正圧動作で耐えられるようシステム全体の消費全力を抑えた設計にし、全体に余裕のある冷却設計で作成しています。

 

ただそれでもフィルターで完全に埃を除去できているわけではないので、内部のファン周り(廃棄・CPUファン)なは多少埃が堆積しています。

これらはみなエアダスターで除去レベルなので数分で完了。

 

RAID構成のディスク(2.5HDDx4/SSDx2)では5インチベイに6機搭載できるケースを使用しているため高密度レイアウトになっています。

当然ながらこのような場所は熱や埃に対しては弱くなりがちです。

しかし、正圧動作でエアフローを実施したことで、HDDにはほとんど埃は付着していませんでした。

サーバーを組むときは「そうなるはず…」と想定して組んではいましたが、実際に丸々1年動作させたのは今回初めてなので、当初の想定が正しかったことを再確認。

 

システム全体の掃除が終わった後は、今回RS-232Cの拡張カードを搭載する予定だったので、それら拡張ボードを組み込み。

 

おとよがサーバー用バックアップ電源に使用しているのはOMROM製UPSですが、旧式のUPSのため制御ソフトウェアとの通信にはRS232Cが必要。

最近のマザーボードはレガシーなシリアルポートが搭載されていないため、USB-シリアル変換ケーブルを使用してUPSとの通信を確立しています。ただ時々この変換ケーブルが誤動作してUPSがシャットダウンしていると勘違いしてシステムダウンすることがしばしば・・・やはりUSBでクリティカルな通信を行うことはよろしくないようです。

根本解決にはシリアル通信カードを拡張するのが一番妥当。

ただ、最近のPCI-eカードのシリアルカードはLinuxの対応状況があまりよくありません。今回組み込んだボードもMCS9922CVという比較的メジャーなチップセットを搭載しているものの、CentOS6.4のカーネルではサポートされていません。 メーカーのサポートを覗いてもドライバソースコードをコンパイルしてインストールする必要があるようです。

ハードウェアは頻繁に分解するべきではないのでこのタイミングでボードを組み込みますが、今日は清掃が目的なのでドライバのインストールはまた後日。

場合によってはカーネルリコンパイルも必要なので、さすがに大晦日にそれはしたくないです。

 

清掃完了後、ディスクドライブを元に戻し、ケースを組み上げて、システム再起動。

 

今年一年の汚れ落とし完了です。

2015年もまたよろしくお願いいたします。

 

2014.12.22

Kobe INK 物語「水道筋マルシェブルー」を入手

退院後くらいに入手したので既に2週間ほど経過していますが、西神中央にあるナガサワ文具店にて「Kobe INK 物語・水道筋マルシェブルー」を入手しました。

 

これまでブルー系のインクといえばブルーブラック系の「Kobe INK物語・海峡ブルー」だったのですが、もっとエメラルドグリーン系の翡翠のような色が欲しいと思い、同インクの「布引エメラルド」とどちらにしようか悩んだ末コチラにしました。 ナガサワのホームページで色見本を何度も確認したものの、WEBの色見本は撮影したときのホワイトバランスや表示する液晶の特性に左右されますので、実際はまったく違う色であったというのはありがちな話なので購入するまではちょっとドキドキものでした。

 

そして購入して試し書きしてみると求めていた翡翠色に近いものだったので大満足。

注・写真では光源は太陽光でホワイトバランスを合わせて撮影していますので、色的にはかなり再現性は高いと思いますが、今blogを打ち込んでいるThinkPad X200は色温度が高いのでこの画面ではやや青みが強いです。

 

このような発色の良い綺麗な色に合う軸といえばやはり透明軸。

なので軸ストック中からLAMY Safari透明軸をチョイス。

いつもならニブはブラックニブを装着するのですが、今回は純正のシルバーニブそのままで。

 

RHODIAに試し書きしてみました。

いかがでしょう…メモにササッと書くのに丁度良い感じの色合いです。

 

このLAMY SafariはRHODIAを携帯しているスマホポーチのペン指しに装着。

 

今はインクを満タンに充填していますのでインクは濃く見えていますが、多少減ってくると透明軸に色が透けてきていい感じになるのではないかと思います。

2014.12.14

退院して二週間が経過しました。

当初は12月3日まで入院予定でしたが、思いの外経過も良好だったので11月末で退院し、12月より職場復帰しています。

はじめは疲れやすいとか元の生活に戻るのに多少なりとも時間を要したのですが、今のところは順調です。

傷の方ももともと耳の裏側からアクセスしたのもあり、注意してみないと傷口はわからない場所でしたが、今ではぱっと見た感じではわからなくなってきました。

でも耳自体は一度外した状態になっていますので、神経自体はまだ元に戻っていないのでさわってもいまいちよくわからない状態。 こちらは追々治ってくるのでしょう。

 

合併症の味覚障害については今のところ進展なし。

色々ググってみても感覚が戻る場合と戻らない場合・・・は色いろあるようなので、こちらは半年-1年経過してみてどうかというところ。 ただ、日々の食生活は大きく変わってきました。 やはり味の濃い食べ物はダメですね。 味が濃いということは色々な調味料が混ざっているということで、甘味と辛味がよくわからない状態になると、生きている苦味・酸味・塩辛さの神経が敏感になってくるので、味の濃い食べ物ほど覚えている味との落差にびっくりすることがあります。 カレーやシチューが苦い食べ物と感じた時は異国の珍しい料理を食べた時のようなカルチャーショック状態になりました。

なので極力、薄味の香り重視の食べ物にシフトしています。

でも今まで食べていた味はどうなるのかも興味あるのでちょくちょく普通の料理を食べては、驚きの発見を繰り返しています。

 

そして12月12日は退院二週間後の検診でした。

経過は良好、真珠腫を除去したあとの鼓膜の状態もよく、耳孔内も綺麗であるとのこと。

ただ内部に残してきたゼリー状の抗生物質がまだ残っているので聞こえ自体は難聴気味が続くとの事。

それでも入院前と比べると聞こえはかなり良くなっています。

補聴器なしではちょっとつらいですが、補聴器の増幅率をかなり絞ってもちゃんと聞こえるので、耳孔内の薬が抜けた後どうなるかは非常に楽しみな状態です。