Home > 11月, 2014

2014.11.22

手術、無事終わりました。

入院当日は直前の検査や同意書とかの書類提出して、手術の説明…

内耳部分には味覚神経とか顔面神経とかも走っているので手術の過程でどうしてもこの神経が傷が付く可能性があることも知らされました。(一応半年~1年で回復はするそうですが…多少ビビリます)

 

そして翌日に手術実施。

おとよは全身麻酔での手術を受けるのは生まれてはじめて。

手術室に入って、ベットに横たわり、色々な機材がどんどん体に繋がれて行くのをまるで医療ドラマのように感じてました。

 

麻酔医から「今から投入しますからね」の合図で点滴から麻酔薬投入。

点滴の針の所が痛くなったのもその合図。(麻酔薬が傷口を刺激するので)

麻酔にどのくらい抵抗できるかちょっと頑張ったものの…薬で眠らされるってすごいですね…意識がフラフラっと来たら一気です。

意識が根こそぎ持っていかれるような感じ。

 

次に意識が戻った時は、頭痛い(手術で)…腰痛い(仰向けで長く寝たので古傷の腰が痛くなった)…という状態でした。

手術に約4時間半掛かったそうで…眠っていた時間が長い分回復にも多少時間が必要とか。

安静状態の解除に3時間ほど必要で、その間は酸素マスクがついていたり色々大変な状態でした。

 

もう今は点滴も外されて、手術あとの部分を覆っていたガーゼ類も外されたので、退院まで経過を見守る状態。

お医者様からはどんどん動いて身体が怠けないように…と言われてます。

来週後半には退院できそうな感じです。

 

PS/

また、事前説明を受けていたリスクはどうしても避けられなかったようで、味覚神経や顔面神経を傷つけず腫瘍等を除去することが出来なかったとのこと。

影響としては顔の方はちょっと右の頬がしびれているかなぁ・・・程度ですが、舌の方は前半分が痺れて感覚が無いです。

なので味も最初の一口は全くわからず、舌の奥で味が感じるという具合。

でも舌って前と奥とでは感じる味覚が違うので、甘み・旨味系の半分くらいがダメってかんじです。 匂いとセットでごはんを食べる感じでしょうか。 なので焼き魚が結構悲惨で…舌の奥の苦味の部分が先に感じるので、焦げた匂いと相まって程よく焼けた魚なのに焼け焦げたような味に感じてしまいます。 これは慣れるまでに時間掛かりそうです。

 

病室から見える朝日。(田舎の病院なので眺めは格別)

2014.11.17

今週より入院となります。

私事の内容で恐縮ですが今週より12月初旬まで入院&手術することとなりました。

手術といっても大病の類ではないです。

もともと慢性的に滲出性中耳炎を患っていたところに昨年末に風邪を引いた際に症状が悪化し、緊張部型真珠腫性中耳炎という言わば中耳炎のラスボスとも言える症状まで進行してしまい、聴力が極端に落ちてしまいました。

 

左耳は以前患った内耳炎が元で神経がヤラれてしまい高域音が殆ど聞こえない状態のところ、聴力の唯一の頼りの右耳がこの中耳炎になってしまいましたので現在は低音以外はさっぱりな状態。 夏前くらいから補償器無しでは会話も危ない状態だったので、まだ神経が生きている右耳の症状を改善すべく外科的治療に踏み切った次第です。

 

本来は9月からの入院で予定していたのですが、仕事の都合とか色々あって延ばし延ばしに…しかしこの先、年末や年度末となりまとめて休暇を取ることも困難になりそうなのでこのタイミングで治療してきます。 どこまで回復するかは手術してみないとなんとも言えませんが少なくとも病状が進行するのは避けたいところです。

 

というわけで、blogの方もちょっと更新が滞り気味になるかもしれません。

まぁそれほど頻繁な更新ではないので、そんなに気にする必要もないのかもしれないですが、やりかけでアップしていないネタとか色々残っているので無事退院してから、そちらの方も随時アップしていきたいと思います。

 

2014.11.10

m">サーバーダウンしていました・・・m<_'_>m

11月9日18:26よりサーバーがダウンしていたようです。

ついさっきそれに気が付き、リブートしました。

サイトにお越し下さいました皆様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

 

ログファイルを追いかけると…またしてもUPSを監視している仮想OSが謎シットダウンしたために、システム全体が緊急シャットダウンを発動したようです。

いい加減このUPS監視の仮想環境を安定させないとなぁ…一応安全側に振るように仕組んでいるのでシステムクラッシュにはならないけど、応答不能になっているというのも宜しくない。

 

2014.11.03

自作、DesignSpark PCB用ライブラリ・公開

公開…という程たいしたものではありませんが、フリーウェアとして公開されているDesignSpark PCBへの敬意も込めて、おとよが作成したライブラリを電子工作の部屋の関連ページに公開致しました。

 

ダウンロードページはこちら DesignSpark PCB用ライブラリ おとよの環境ではテクノロジファイルをさわって日本語フォント対応にしていますので、対応フォントも併せてインストールして頂く必要があります。(文字幅が狭いフォントなので一般的なフォントだとシンボルからはみ出して表示される可能性あり。)

 

内容の保証までは致しかねるものではございますが、ご活用いただければ幸いです。

エスティマヘッドライト補修その3(完結編)

ヤフオクで入手したヘッドライトから取り外したバラストユニットを故障している左ヘッドライトに移植しました。

 

 

エスティマのヘッドライトを取り外すにはフロントカウルの一部固定を外して、ライトが外せる程度にずらします。

 

ヘッドライトは3点のネジで固定されていますが、ポリカーボネイトレンズの防水パッキンとして使用しているブチルゴムがボディに固着しているので取り外すには揺らしながらエイヤ!!と外す必要があります。 「バキ」っと結構怖い音がしますが、無事外れました。

 

ライトASSYを取り外したならば、ライトASSY底に取り付けられているバラストユニットを交換します。

 

ユニットの交換が完了したらとりあえずロービームの配線だけを接続して、ちゃんと発光するか確認します。

 

無事点灯。 オークションで落札したバラストユニットは無事動作するようです。

 

バラストユニットやその他配線関係がライトASSYに取り込まれるところにはゴムパッキンが用いられています。

12年以上使用しているものですから、結構パッキンが劣化しています。

このままパッキンを元に戻してしまうと、埃や汚れが付着したままになりますので防水性能が著しく低下しますので、ゴムパッキン類はゴム・プラスチック対応のバーツクリーナーでよく洗浄した後、ゴム・プラスチックを湿潤しないシリコンオイルを含ませて元に戻します。

 

あとは、元来た工程を逆の手順で取り付けていきます。

取り付けが完了したら、ヘッドライトの点灯試験(ポジション・ロービーム・ハイビーム・光軸上下)を実施して終了。

今回の作業時間としては1時間程度、意外に早く完了しました。