Home > 7月, 2014

2014.07.31

Amazon basics 充電式ニッケル水素電池(通称アマループ)

単四サイズのニッケル水素電池の在庫がなくなったので買い足そうと思い、以前より気になっていたAmazon basics 充電式ニッケル水素電池を購入しました。

 

この電池、一部で話題になっていますが旧三洋トワイセル・現FDKのeneloopと同等製品です。

刻印を見ると、Made in Japan そして

型番 = HR-4UTHA-AMZN

 

Made in Japanのニッケル水素電池は国内ではGSユアサか、FDKのみです。

そして型番の”HR-4UTHA” この型番を持つのはeneloopだけです。

末尾のAMZNはアマゾン仕様を示唆しているのでしょう。

なんというか、気づく人にはバレバレというか、”Amazon わざとだろ”と言いたくなるくらいに露骨です。

ゆえにネットではこのニッケル水素電池のことは“Amaloop / アマループ”と呼ばれています。

価格はPanasonicのeneloopより20-30%ほど安価に購入できます。

ただ性能的には、2世代くらい前のeneloopといったところでしょうか。 容量的には少し少なくて、充電回数が少ないです。

でも今回購入した高容量タイプでも500回充電対応。 標準タイプでも1000回充電できます。

普通に考えて、これだけ充電が出来るなら御の字です。 電池の出し入れで電池の外観が痛むのが先か、機器が壊れる際に巻き込まれて破損するかのどっちなので実用上問題ではありません。 これで安価に購入できるなら良いことです。

 

パッケージはいつものAmazonらしく、過剰梱包よろしくな感じです。

 

外装…単四電池が入っているとは思えない大きさ。

 

個装箱…これでもまだ大きいですが、まぁまぁ小さめでしょうか。 これで送ればいいのに・・・

 

中身…殆どマトリョーシカ人形のような梱包です。

 

現在eneloopはSANYOを吸収合併したPanasonicより販売されていますが、製造工場の三洋トワイセルはFDKに売却され、FDKが製造しています。

この売却の裏には独禁法の問題やら色々あったようですが、Panasonicとしては海外で浸透しているeneloopブランドは手放さなず、FDKよりeneloop仕様のニッケル水素電池を購入して販売しています。 (Evoltaは海外では非常にマイナーなブランド)

 

FDKとしては三洋トワイセルを半ば押し付けられるように売却されたのではeneloopブランドの売却も望んだようですが、それはかなわずPanasonic向けのeneloopと各社へのOEMを続けています。 富士通のニッケル水素電池もeneloopと同等ということで結構話題になったのですが、如何せん富士通としての家電流通に問題があってなかなか販売されているのを見ることはありません。

 

最近はEvoltaブランドへの移行を狙っているのかeneloop自体家電量販店での取り扱いも少なくなってきているようにも感じます。

また合併吸収によりeneloop vs Evoltaの競争が必要なくなったためか価格も少なからずも上昇しています。

そして、あのeneloopロゴ問題…個人的にはこれでかなりeneloopのブランドが落ちたと感じています。

そこにAmazonよりこのニッケル水素電池の発売。

 

これまでニッケル水素電池はeneloop指名買いが多かった層の購入意欲が落ちたところに、明らかにFDK製とわかる型式”HA-4UTHA”をつけての販売。

オリジナル型式も使用できるはずですが、それを使用せず型式から「これはeneloopだよ」…と暗に宣伝しています。

しかも「そこまで繰り返し充電で使わないよ」…と思えるほど充電回数が増えた最新式eneloopではなく、程ほどの充電回数の古い型のものをより安価にすることで差別化を計っています。

中身は型落ちながらeneloop、性能は折り紙つき、Panasonicのeneloop(Panaloop)はブランドにマイナスイメージが付いたタイミングですからベタに”Amazon”ロゴながらネットを見る限り好意的に迎えられているようです。

 

Amazon商売うまいなぁ・・・と思います。

 

2014.07.27

CASIO FX-9860GII SD

以前からeBayでのウォッチ対象だったのですが、ついつい衝動的に買ってしまいました。

CASIO FX-9860GII SDです。

 

電卓のカテゴリとしてはグラフ電卓に属するもので、プログラム電卓の上位カテゴリに位置します。

日本では関数電卓は理工系高校・大学の授業で必要とされていますので、CASIO / SHARP / CANONと大手電卓メーカーが製造していて品種も豊富です。 しかしプログラム電卓になると一気に品種が少なくなり、グラフ電卓になると国内メーカーではCASIOしか製造していません。

 

そして今回手に入れたこの電卓はCASIO製ではあるものの日本では販売されていません。

グラフ電卓は海外市場が活況で、HP社、TI社、そしてCASIOが熾烈な性能競争を行っています。

このFX-9860GII SDはSDカードインターフェースを搭載したモデルで、HP/TI社のグラフ電卓とは違う付加価値をウリにしています。

 

日本市場では”SD”が付いていない、FX-9860GIIが発売されていますが非常に高価です。

市販価格で14,000~15,000円くらいですが、海外市場では大体半額で入手できます。

今回入手したこのモデルも、韓国市場向けのものですが海外輸送費込み$112- = 約12,000円で購入できました。

 

このモデルを購入に踏み切ったのは、グラフ機能でも関数計算能力ではありません。

その仕様・スペックが他を群をぬきんでているためです。

項目内容
CPUSH3 32Bit RISC CPU
動作周波数29MHz
RAM64KB
内蔵ストレージ1.5MB
外部ストレージSD / SDHCカードサポート
32GB SDHCカードに対してのアクセス確認済み。
ディスプレイ128x64ドット モノクロ液晶
バックライト付き。
搭載関数1097関数
外部I/F3PINシリアル
USB
プログラム機能CASIO BASIC
FX-5800等のプログラム電卓と互換あり。
機能拡張アドインで対応
パソコン連携あり。
USB経由で、パソコンにインストールしたFA-124にて通信
SDKあり。(無償)
Cコンパイラにて開発。
電源単四電池4本
サポート関係パソコン連携ソフト FA-124は国内CASIOのHPよりダウンロード可能
取扱説明書(日本語版)は国内CASIOのHPよりダウンロード可能。
SDKについては、米国CASIOのedu.casio.comより製品登録することでダウンロード可能。

 

なんとCPUに32Bit RISCプロセッサを搭載しています。しかもCASIOと非常に馴染みの深い日立製作所(RENESAS)製のSH3プロセッサです。

最近ARMプロセッサを搭載し動作周波数が150MHzを超え、解像度の高いTFTカラー液晶を搭載したより高級なモデルが販売されていますが、このモデルは乾電池駆動が出来るという点ですばらしい。

どんなに高機能な電卓であっても専用リチウムイオン電池を搭載すると電卓としての魅力が半減します。

イザというときに電池切れになるリスクを抱えているので、スマホのように電池残量に気を使わねばなりません。

やはり手軽さという点でリチウムイオン電池搭載の電卓はよろしくありません。

それでいてディスプレイにはバックライト搭載という他社にない機能も搭載しています。

もともとこのディスプレイは透過性が高いので薄暗いところでの視認性は良好ですが、バックライトによりさらに視認性を確保しています。 (ギャラリーのFX-5800との比較画像を参照)

 

また、搭載しているプログラム機能は伝統のCASIO BASICを搭載しています。

これまで慣れ親しんだプログラム電卓と互換がありますので、ソフト資産も有効活用できます。

さらに他社にはない特色として、Cコンパイラ搭載のSDKがCASIOより無償配布されている点。

TI社のグラフ電卓ではZ80や68000をCPUに搭載していてアセンブラを実行できるようになっていますが、Cコンパイラというのは開発効率の上で有利です。

 

外観は日本ではお馴染みのFX-5800と比べるとかなり大柄です。

特に厚みが2倍近くあり、重量でもFX-5800の150g(電池込み)に対して265(電池込み)と重量級です。

ただそのおかげもあり、FX-5800ではカバーのヒンジがすぐ壊れるという機構面での弱点を持っているのに対して、本体・カバーにゴム足を装着して机に対しての密着度を増す工夫がなされるなど、使い勝手面でかなり改善されています。

 

ただ関数電卓にそこまで必要なのか…といわれると微妙な感じもします。

そもそもこの電卓は関数電卓機能だけではズバリ使いにくいです。

物理キーが圧倒的に少ないので、利用頻度が少ない関数を呼び出すのが非常に面倒です。

FX-5800も物理キーが関数電卓より少ないので使いにくいほうですが、それに輪を掛けて物理キーが少ないです。

この電卓はプログラム機能や統計機能・スプレッドシートなどの解析機能との連携で使うことが前提。

関数電卓として使いたいのであれば安価な関数電卓を使え…というポリシーで設計されています。

多数の関数を搭載していてもプログラムで使用することを前提にしていることから、プログラム電卓を使用されている方なら普段感じていらっしゃるパソコンとの連携機能がないが故の使い勝手の悪さを克服している点が最大の特徴。

また国内販売モデルではないのに日本語マニュアルが完備されている点も大きなポイントです。

おそらく、日本国内では販売数量が確保できないので販路は用意されていないものの、ユーザーは確実にいるということで制作されているものと思います。 おとよ個人的には「CASIOはわかっていらっしゃる・・・」という電卓です。

 

このあたりは在りし日のポケコンに通ずるものを感じます。

理解した上で購入・利用することを前提としていて、幅広く誰でも受け入れるつもりはまったくないという製品です。

 

使い方を覚えるまではまだまだ時間が掛かりそうなので、都度この電卓のレビューは掲載していきたいと思います。

2014.07.21

BCLラジオ、TECSUN PL-310ETを購入

おとよは持ち帰った仕事を深夜に処理するのですが、撮り貯めたビデオを流しがらでは集中できないというか聞き流しが出来ません。 そこで「聞き流しにはラジオ!!」とラジオを購入することにしました。

ただおとよが住んでいるここ神戸市西区はラジオ受信環境はあまり良いほうではありません。 コンパクトながらそれなりに高感度のラジオを探した結果、今回中国・德生社(TECSUN)製のPL-310ETを購入しました。

 

おとよは中学くらいまでは兄の影響もありBCLラジオにはまっていた時期があり、兄がバイトで買ったSONY ICF-5900(スカイセンサー)を借りて、電離層反射波が安定する深夜に世界各国の放送を聞いたりしていました。

高校になってから、アナログ電波の世界からデジタル(コンピューター)の世界に行ってしまったのでBCLラジオはあまり聴かなくなりましたがそれでも空間に飛び交う電波というものには今でも興味があります。

 

そして今回高感度ラジオを探してみると…私がラジオを積極的に聞いていた時と事情は変わっていて今は日本メーカーは殆ど壊滅状態なのですね…SONY/Panasonicなどの大手家電メーカーは今も製品を販売はしていますが、新規設計サイクルがかなり遅くなっているようです。やはり需要が少ないせいなんでしょうか。

「スカイセンサー」で一世を風靡したSONYもすでに自社設計していませんし…ラジオ技術者は家電メーカーにはいらっしゃらない感じがします。

 

かたや中国や台湾ではラジオの製品開発が活発ですね。新製品がドンドン出ています。

中国などは国土が広く短波放送が今でも主要放送手段として利用されている事情があるのでしょう。

熱帯地域で利用されている長波放送等、幅広い周波数をサポートしているBCLラジオが多数存在します。

DSPチューニングを採用した最新型もラインナップされています。(日本メーカーは一台もないのが残念)

 

そういうこともあり今回日本メーカーのモノは購入を見送り、ネットで事前色々情報を仕入れ購入を決めたのがPL-310ETです。

なお、TECSUNの製品は日本では正式に販売されていません。

多くは並行輸入品を通販で仕入れるか、eBayを通じての個人輸入しか方法がありません。

おとよは今回はeBayによる個人輸入よりも安価に購入が可能だったあきばおーで購入しました。

 

外観を見ると最近の中国製品は特にインジェクション成形が良くなりました。

デザインが以前の「必要なものしか搭載しない」という現実主義からデザイン性重視になっているのもありますし、金型用NC工作機が良くなったのもあると思います。 またインジェクション成形の金型は最終仕上げが職人のやすりがけに掛かっていたので、ここでの仕上がりが日本製と中国製の大きな差になっていました。 でも最近は3D CADが発達したことやNC工作機との連携が良くなったこともあり、NC工作機による削りだしでそこそこの精度の金型加工できるようになりました。

このPL-310ETも樹脂成形は殆ど日本製と変わらないくらいの精度を持っています。

 

 

同梱される内容物は、本体・検査合格証・ヘッドフォン・ネオプレンポーチ・保証書・取扱説明書となっています。

マニュアル関係などは見事に中国語です。

英語のマニュアルは探すと出てきそうですが…先代のPL-310は存在していますが、PL-310ETは見つかりませんでした。

PL-310とPL-310ETは見た目はほぼ同じなのですが、PL-310ETの方はEasyTuningModeを搭載していたりファームウェアのつくりからPL-380に近いものがあります。なので、PL-380の英語マニュアルか、PL-380をOEM調達して販売されているAudioComm RAD-S800Nの日本語マニュアルを参考にする方法もあります。

唯一、blogで使用方法を記載されているサイトがありましたので、おとよはそちらを参照にさせていただきました。

 

また同梱のポーチですが、本体と比べるとちょっと小さいかも??

伸びる素材を活かしてというか、ムリムリ押し込んで収納するという感じです。

製造機械の精度で押し切れない、職人さんの手作業が必要なこういう部分はまだまだという感じです。

使えなくはないですが、ムリムリ開閉してファスナーで本体を傷つけそうなので使わないほうが無難と思います。

 

本体右側・・選局ダイヤルとボリューム。

本機はDSPチューニングなので選曲ダイヤルはアナログチックながらも、ロータリーエンコーダーによる選局となっています。

ボリュームもアナログではなく、デジタルボリュームとなっていますのでロータリーエンコーダーとなっています。

クリック感のある操作性で、アナログ的外観ながらデジタル機器を感じる部分といえます。

 

本体左側・・外部アンテナ入力とヘッドフォンジャックとUSB電源

外部アンテナはSW(短波)とFMでのみ利用可能、長波(LW)と中波(MW/AM)は内臓バーアンテナで受信となっています。

ヘッドフォンはステレオ対応となっており、本体スピーカーはモノラルですが、FMステレオ放送が受信できた場合はヘッドフォンでステレオ放送が視聴可能です。

USB電源はミニUSB端子で、本体の給電のほか本体にニッケル水素電池を装着した場合は充電機能も利用可能です。

USB電源ということで、電源供給元がノイズが盛大に発生しやすいものが多いと思います。

なのでUSB電源接続でのAC運用というのはちょっと考えにくいですが、ニッケル水素電池充電用としては便利そうです。

 

なお、PL-310ETでは単三電池3本を使用しますが、アルカリ/マンガン系とニッケル水素を切り替える機能を有しています。

中を確認していないので、どのような充電回路かわからないですが、充電機能が提供されているのは便利です。

また、本体には電池交換時に時計やメモリが飛ばないようスーパーキャパシタが搭載されており10-20分程度であれば問題なくバックアップしてくれます。

 

そして最後に、この記事を最後まで読まれた方がもっとも気にされているであろう内臓バーアンテナの長さ。

バーアンテナの長さは先代PL-310と同様に10cmあります。

PL-310の後に発売されたPL-380は8cmらしいので、今回機器選定ではこのバーアンテナの長さが故にPL-380購入をためらいました。

PL-310ET/PL-380等のDSPチューニング機器はDSPが殆どの受信作業をしますので、アナログ的な同期機能は必要ありません。

デジタル処理で受信の選択性と明瞭性が向上しているといっても、受信性能の決め手になるのはやはりアンテナ。

 

PL-380は日本語対応のオーム電気のAudioComm RAD-S800Nがありますのでかなり悩んだのですが・・・やはり基本性能重視です。

PL-310ETのこのバーアンテナの長さは情報としてはネットで得られなかったのですが、PL-310の改良版として発売されているのならばこういう基本構成は変わるはずがないと踏んで購入したのは正解だったようです。

 

そして制御基板を見てみると、PL-310ETはもともとはPL-320として設計されていたようです。

どういう事情でPL-310の改良版という名前で発売になったのかはわかりませんが、もともとは別商品として扱われていたということは基板シルクから読み取れます。

 

そして気になる受信性能はこの体積のラジオにしてはかなりよい受信性能と思います。

FMはネット界隈でトップクラスの受信性能と評判であり、その内容に偽りはないと思います。

MW(AM放送)についても東西北を山に阻まれ電波状況があまり良くないココ神戸市西区で夜間1440KHz・札幌STV放送が聞き取れるくらいの受信(室内でかろうじて、野外では比較的安定)が出来ているのでかなり良い方だと思います。

まだまだ機能的に全てを使い切っていませんが、コストパフォーマンスとしてはかなり良いモノなので愛用していきたいと思います。

2014.07.20

WordPressに動画ファイルを直接埋め込む

WordpRessで動画を埋め込むといえばYouTubeやニコニコ動画へのリンク経由で記事に埋め込む動画が一般的です。

多くの場合はWordPressが設置されているサーバーはレンタルサーバーですので、容量の関係からもそのほうが合理的です。

しかし自前でサーバーを準備している場合に別途YouTubeにアップロードするというのも面倒です。

誰かがアップロードした動画ならば致し方ないですが、自分で作った動画をクラウドに預けるというのは個人的には好みではありません。

 

なので自前のサーバーに保存している動画ファイルを直接WordPress記事に動画ウィンドウとして埋め込むプラグインをインストールしてみました。

ただ自前のサーバーに動画ファイルを保存してそれを記事に埋め込むというプラグインは殆ど選択肢がありません。

Flashを使用するプラグインもありますが、残念ながらWordPress Ver2.9以降更新が停止していますので使用するのはちょっと危険です。

 

唯一と言える方法は、HTML5ビデオフレームワークを利用する”MediaElement.js”を使用するのがベストかと思います。

WordPressようにもプラグインが存在しますので、これを利用したいと思います。

 

プラグインの新規追加で”MediaElement.js”を検索してインストールし有効化します。

有効化が完了すると、設定メニューに”MediaElement.js”が現れます。

ここではデフォルトで埋め込む動画形式、音声形式を指定することが出来ます。

 

Video Settings

Default Width:ビデオプレイヤーの横幅を指定します。
Default Height:ビデオプレイヤーの高さを指定します。
Default Type:ビデオのMIMEタイプやコーデックを指定できます。
Video Skin:ビデオプレイヤーのスキンを選択します。

Audio Settings

Default Width:オーディオプレイヤーの横幅を指定します。
Default Height:オーディオプレイヤーの高さを指定します。
Default Type:オーディオのMIMEタイプやコーデックを指定できます。

 

次にブラウザに動画ファイルを認識させるために、MIMEタイプを動画ファイルが保存されるディレクトリもしくは親ディレクトリの”.htaccess”に追加します。

ここまで設定するとショートコードで動画を埋め込むことが可能となりますので、サーバーに保存されている動画ファイルをURL形式で指定します。

 

&#91video src=”http://exsample.com/movie.mp4″&#93

横幅・高さも指定できます。

&#91video src=”http://exsample.com/movie.mp4″ width=”640″ height=”360″&#93

poster属性を指定すると動画のサムネイルを表示できます。

&#91video src=”http://exsample.com/movie.mp4″ width=”640″ height=”360″ poster=”http://exsample.com/movie.jpg”&#93

音楽データを指定する場合は下記のようになります。

&#91audio src=”http://exsample.com/sound.mp3″&#93

 

そして実際に埋め込んだ動画。


次回の電子工作の部屋用に作成した、ソフトウェアPWMによるLED調光テストの様子を撮影したものです。

 

2014.07.15

ソースコード表示プラグイン「Crayon Syntax Highlighter」

電子工作の部屋のほうでソースコードを掲載することにしたのですが、以前掲載したTABLE PRESSによる長文のソースコードの掲載はちょっと適切ではないように思えてきました。

そこでソースコード掲載に特化したプラグインを探してみる…とありました。「Crayon Syntax Highlighter」です。

ソースコード表示に特化しており、表示スタイルも豊富、行番号の付与や各言語に応じた色分け・インデント、Monospaceフォントも同梱されていてなかなかよさげです。

 

このプラグインはTABLE PRESSのように別途表示すべきデータをプラグイン個別メニューで登録してからショートコードで表示するものではなく、htmlエディタに直接埋め込むタイプのプラグインとなっています。

よって同じデータを何度も流用とかそういうことはあまり適していません。

まぁ…ソースコード用なのであまり大した問題では無いと思いますが…

 

プラグインの設定は下記のようになっています。 ここの設定ではデフォルト設定が可能で、表示スタイルをかなり細かく設定することが可能になっています。

 

実際のソースコード埋め込みではビジュアルエディタではなく、htmlエディタに「Crayon」のボタンが追加されていますので、こちらからプラグインを呼び出します。

 

するとポップアップが出て、ソースコード入力画面が現れます。

ここの入力画面ではデフォルト設定が反映されていますが、個別に調整することも出来ます。

 

そして実際に埋め込んでみたのがこちら。

どうでしょう?

表示するソースコードの横幅・高さが自由に設定でき、表示ウィンドウ内でスクロール可能(つまり長文ソースコードもスマートに表示)。

スクロールバーの表示や、ソースコードのクリップボードへのコピーも可能になっています。

ソースコード表示に特化している分、使用感もなかなか良いと思います。

 

1 / 212