Home > 5月, 2014

2014.05.31

CASIO関数電卓・プログラム電卓

おとよが現在所有している関数電卓・プログラム電卓をご紹介。

 

おとよが普段使用する一般電卓と関数系電卓では使用するメーカーが異なります。

一般電卓は以前ご紹介したCANONの電卓や、シャープの電卓を使用しています。

いわゆるシャープ系…です。

「%」計算の解釈が、「3000円の20%引き」を 3000-20%という解釈で入力ができるシャープ方式のほうが好みだからです。

対して関数系電卓はCASIOのものを使用しています。

 

関数電卓は一般の電卓のように計算が逐次実行されるのではなく、計算式すべて入力し終えてから計算を実行します。よって計算は四則演算の原則に沿って解釈されますので、入力するときも正しく式を入力しないといけません。

上記の例では正解は、3000-3000*20% か 3000-3000*0.2 となり、式の解釈においてカシオとシャープとでは差はありません。

 

ではなぜCASIOの関数電卓なのかというと、

1980年代の電卓戦争真っ只中のこの時期、一般電卓は多種多様なメーカーが参入して乱立状態でしたが、特殊用途な関数電卓においてはCASIOはラインナップでもシェアでも頭ひとつぬきんでていたこと、初めて購入した関数電卓がfx-4000Pで、搭載されている関数や計算モードなどの操作面でCASIOとシャープ/CANONとでは大きく異なる事からそのままずっとCASIOを使用しています。

このfx-4000Pの発売は1985年…発売されてすぐ購入しているので、大学2年の頃ですね。

もう30年前の機種です。

この機種を購入したのは、プログラム電卓でありながら当時としてはかなり安価な価格設定であったこと。

あの当時プログラム電卓といえば名機fx-602といった周辺機器も充実した高機能・高価格のものが販売されていましたが、fx-4000Pはより安価なモデルとして市場に登場しました。

 

しかし安価なだけでなく、後発機ですからプログラム容量が大容量(550ステップ)で関数が豊富、なによりBASE-n(n進法)計算モードを搭載しているのでかなり優秀です。 現在の関数電卓が持つ基本機能を一通り搭載したモデルといえます。

当時おとよは電子工作で作った回路の動作確認する際のCPUのアセンブラ記述で16進数計算することが多く、10進と16進とを扱える電卓を探していました。 このfx-4000Pは求めている機能を満たしているということもあり、関数電卓というよりプログラマできるn進数計算機という目的で購入しました。

そしてこの電卓はかなり長く使用しました。

会社に入ってLSI設計部隊に配属されてからも同機を使用し、2004年頃まで現役で使用したのではないかと思います。

通常の関数電卓として計算した結果をn進法表現に変換、またそれらをプログラムとして保存できるというのはLSIシミュレーションデータ作成や評価基板のプログラム作成には必須でした。

 

購入から20年を超え全体に黄ばんで外装も劣化してきたので10年ほど前に引退してもらいましたが、今でもちゃんと動作します。

当時から電池が異様に持つ(CR2032 x 2搭載して実質12~15年持つ)電卓なので、ホント昭和の電卓技術はすごいと思います。

 

そしてfx-4000Pを引退させるときの後継機として購入したのが、fx-991ES。

数学自然表示関数電卓と呼ばれる電卓です。

 

プログラム電卓にしなかったのは、おとよが管理職になりLSI設計自体は直接行うこともなくなったのでプログラム機能を駆使することもあまりなくなってきたからというのもあります。

しかし、この電卓はあまり長く使うことはありませんでした。

CASIOの中でもプログラム電卓と関数電卓は設計チームのポリシーが異なるのか、微妙にキー配列が違うので戸惑いが発生すること。

贅沢な話かもしれないですが、あまりに対応する関数が豊富すぎて返って使いにくくなっていること。

そして数学自然表示は教科書の数式を解くには便利でも、反復的に同じ処理を実施するプログラムやマクロなどの言語展開するには不向きであることから、結局関数電卓からプログラム電卓に戻ってきました。

 

そして現在理数演算の主力で使用しているのがこのfx-5800P。

fx-5800Pの経歴はfx-4800P → fx-4500P → fx-4100Pとつながっていますので、fx-4000Pの正当後継機と呼べるプログラム電卓です。

fx-4000Pと比べて画面も広くなり、サポートする関数もかなり多くなりました。

変数交じりの方程式を入力すると自動で変数入力機能が有効となり、その方程式をユーザー登録方程式としてプログラムを組まずに登録できるのは関数電卓では出来ない機能です。

昨今のトレンドの数学自然表示もサポートしていますが、設定でON/OFFできます。

なにより搭載メモリが28,500バイトとfx-4000Pの50倍以上増えています。

複雑な統計計算や座標演算を実行する際の配列メモリをサポートしていますので、この容量が必要なんだと思いますが、プログラムでこれを使い切ることはまずなさそうです。

 

ボディはfx-4000Pより二周りほど大きくなっているので、持ち運びという意味ではちょっと不利。

ポケットに入れるにはちょっとつらいサイズです。

でも上位機種のグラフ電卓の大きさを考えると、十分小型であると思います。

 

両者を比べてみると、fx-4000Pは当時は複雑な成型品を作ることが困難であったためでしょうか…ボタンなどは角ばった四角いボタンなのでちょっと無骨な感じですが、両者は同じ系譜であることはキー配列からも読み取れます。

そしてプログラム実行・計算実行を示す[EXE]キー。これがCASIOのプログラム電卓の証。

[=]ではなく[EXE]、[答えは?]ではなく[実行せよ]です。

関数電卓として使用していても、より高機能なPOL/RECといった座標変換や、方程式を解法するSOLVE関数のような式の処理ではなく機能の実行を意味する処理では[EXE]の方が意味としてはしっくり来ます。 同様の機能を有するfx-991ESで感じる違和感はこういうところにもあります。

 

昨今のプログラム電卓市場は米国勢のテキサスインスツルメンツ(TI)やヒューレットパッカード(HP)がカラー液晶を備えた大変ゴージャスなグラフ電卓にシフトしていて、CASIOも負けじと同様の機種を販売しています。

しかしこういうグラフ機能は持たないが、反復的に方程式を処理するのに有利なプログラム電卓というのは使い勝手という面で代替の利くものではありません。 CASIO以外ではシャープがプログラム電卓を販売していますが、最近のシャープはいまひとつプログラム電卓には積極的ではありません。

CASIOにはこれからも積極的に時代を牽引する新機種を開発・販売して欲しいと思います。

2014.05.22

Evernoteドキュメントカメラってかなり便利。

皆さんはEvernote利用されていますか?

 

ここ2-3年docomoのスマホを購入するとdocomoよりEvernoteのプレミアムユーザー登録できるクーポンが発行されていますので利用されている方も多いのではないかと思います。 おとよは最初のスマホ、N-06Cに機種変したときにEvernoteアカウントを取得しました。

 

そのEvernoteですが、先日スマホアプリの方を触っていると、新しい機能が実装されている事に気が付きました。

それはドキュメントカメラ機能。

スナップ写真を撮影して自動でノートブックに記録してくれることは知っていましたが、ドキュメントカメラというのははじめて知りました。

調べてみるとメモなどを撮影して自動台形補正して、ノートブックに自動保存してくれる機能のようです。

 

これは便利そうということで試してみました。

新規作成の際にカメラ機能を選択してカメラ機能を呼び出します。

 

起動直後はスナップモードになっていますので、カメラアイコンの部分をタッチしてドキュメントカメラモードに切り替えます。

 

サンプルではROHDIAブロックメモを撮影していますが、撮影対象が四角形で背景との色のコントラストがはっきりしていれば台形補正が働きトリミングも自動で実施してくれます。

 

取り込んだメモは自動でノートブックに取り込まれます。

おそらく白無地部分を紙と認識していると思います。極力白色四隅を基準にして切り取るようになっています。

 

ドキュメントカメラの別機能であるポストイットモードにすると、ポストイットの色を認識して事前設定したフォルダに保存が出来るようです。

これら機能(四角い対象を認識して補正する)を実現するアプリとしてはCamscannerなど優秀なスキャナアプリがあり、カメラより撮影した画像からの切り出しや台形補正は専用アプリのほうが精度は高いです。

対するEvernoteドキュメントカメラは、メモ用紙やポストイットに特化し、極力それらを認識してトリミングと台形補正、そしてEvernoteに保存という処理を自動で実施してくれるので、さっと撮影して記録という手軽さが際立ちます。

Evernote本来の利用目的を考えるとこれは結構使いでのある便利機能です。

 

まだこの機能を試したことがない方は一度お試しあれ。

ではでは。

2014.05.17

AEONカードに加入しました。

これまでクレジットカードは三井住友VISAのみ所有していましたが、このほどAEONカードを契約しました。

 

普段コンビニなどの支払いで電子マネーを利用しますが、これらの利用では携帯電話時代を通してEdyを使用しています。

神戸市西区や明石市は気がつくと多くがAEONグループのスーパーマーケットが大多数を占めており、これらスーパーマーケットでの買い物はAEONの株式を所有することによる特典のオーナーズカードを利用することで利用代金の5%をキャッシュバックを受けていました。

 

しかし、AEON銀行ができてからAEONグループが猛プッシュしているWAONが普及してくると、WAONポイントの還元率もかなりのものになってきました。

当初はおさいふケイタイにモバイルWAONを登録して使用していましたが、利用頻度が上がってくるとレジやAEON銀行ATMでチャージする頻度も上がってきます。 モバイルWAONでクレジットチャージするにはAEONカードのみ対応。 おとよ的にはあまりクレジットカードを増やすのは主義ではないのでさてどうしようか・・・と悩んでいましたが、一般カードであればカード年会費は無料なので、カード利用の割引もあることから契約することにしました。

 

そして5月初めごろにオンラインで申し込み、本人確認やら色々手続きを経て、昨日カードを受け取りました。

 

エラー「KZMU41」でハマる

カードを受け取ったので、早速モバイルWAONに連携しようと手続きを行うと、スマホのアプリを起動して手続きを進めるとなぜか登録情報と違うとエラーとなって先に進めません。

エラーコードは「KZMU41」・・・

HELPをみてもこのエラーコードの意味がさっぱりわかりません。

色々ググッてみると同様のエラーで悩んでいらっしゃる方がおりその対処というのは、電話番号…

そうです、アプリに登録している電話番号とクレジットカードに登録した電話番号との比較を行っているのです。

これは落とし穴です。

モバイルWAONアプリで会員登録する際に使用する電話番号はスマホの番号(つまり携帯電話番号)。

クレジットカードを申し込むときに使用する電話番号は、住所を登録するので自宅固定電話。

気がつけば技術的難易度もなんともない事ですが、そこに理解が及ぶまでにかなり悩みます。

 

今は無事登録が出来てスマホからチャージが出来るようになりましたが、もちょっと配慮してもらえたらなぁ…

もしモバイルWAONでAEONカードを登録しようとされている方がいらっしゃったら、ここはハマリどころなので要注意ですよ。

2014.05.11

VanNuys(バンナイズ) 「デジアナ格納庫-4」を購入しました。

おとよはスマートフォンを持ち歩くときはベルトポーチに入れて持ち歩きます。

これまで使用していたポーチは、初めてのスマートフォン(docomo N-06C)を購入したときに買った、Milagro製のUSA製オイルドレザー携帯ポーチです。

サイズ的にはiPhone4/4s用のものですが、N-06C / P-06D / SO-02Fとディスプレイが4インチクラスのAndroidでは問題なく使用できました。

3年以上使用して全体に痛みもでできたのでこのほど新調することにしたのですが、意外にスマートフォンをベルトに装着できるポーチは選択肢がありません。 おさいふ携帯機能を多用することからポーチにはそれらと同時に使用するポイントカード類が収納できる事がマスト要件となります。

これら要件を満たすものをと色々探して、VanNuysのアナデジ格納庫-4を購入することにしました。

 

VanNuysのものであればスマートフォン用のポーチは他にも選択肢がありますが、このアナデジ格納庫-4を選択した理由は、メモ帳と筆記具も同時に携帯できることが決め手です。ここまで多機能なモノはそうそう見つからないと思います。

 

注文するにあたり標準装備のものだけでなく製造時オプションを指定したセミカスタムモデルとなったので一ヶ月の納期を要しましたが、昨日現物が到着しました。

 

到着したポーチがこちら。

素材はコーデュラナイロン製でヨットナスカン付マジカルアタッチメント装着モデルがベースとなっています。

 

上部開閉フラップはマジックテープ=ベルクロによる固定が基本ですが、先日掲載したビジネスバックの投稿でも記載したとおり、開閉部にベルクロというのは個人的には問題ありです。 ベルクロは100回も開閉するとファスナーの勘合力が落ちてしまうからです。

年単位(=何百回開閉)で使用するのであればベルクロを避けるのが賢明です。

VanNuys社のポーチで唯一の気になったのはこのベルクロ開閉が基本となっていることで、今回の購入ではこのベルクロ開閉を回避するため、バックルオプションを装備して耐久性が下がることを回避することにしました。

 

追加購入のバックルオプションはバックルアタッチメント + 本体側ベルクロの硬質ファスナーでコーデュラナイロンが痛まないようにするダミーのベルクロで構成されています。

 

フラップ側のバックルはヌメ革ベルトにベルクロを貼り付けたもので固定していますが、これだけでは強度が足りないので固定紐にくぐらせる事でバックルがベルクロより脱落しないよう工夫されています。

 

続いてセミオーダーとなってしまいますが、製造時オプションとして通常ポーチの向かって右側に装着されているペンホルダーに対して右側にペンホルダーを追加。

 

ヨットナスカンの両側に、Dカンを追加、そしてイザというときのお金を入れる背面隠しポケットも追加です。

 

本体の大きさですが、Xperia Z1f(SO-02F)と並べてみると、結構大きいのがわかります。

もともとSC-05D Galaxy Noteを格納することが可能となっていたポーチなのでこれは致し方ないと思います。

 

中に入れてみると…結構隙間がありますね。

 

当然ですね、デジアナ格納庫と命名された所以はスマホとメモ帳と一緒に持ち歩けることを目的としていることです。

なので今回収納しようと思っている、ROHDIA #12のメモ帳と一緒に入れてみます。

 

なかなか収まりも良い感じです。多少余裕も残っているので出し入れも問題なさそう。

 

後は左右のペンホルダーにどのようなペンを装着するかですが、こちらは今手持ちに良い感じの筆記具が見当たらないので一旦ペンディングです。

このペンホルダーは直径10mmの径があるようですが、他社製のROHDIAメモカバーなどでもペンホルダーによく10mm径が採用されることが多いです。 しかし…意外に10mmの軸径は対応できるペンが少ないのです。

それは最近の筆記具は多くはラバーグリップを採用しているので、出し入れでペンホルダーに引っかかってしまうためです。

またこのポーチのペンホルダーは上下にホルダーリングがあり、ペンを保持するという意味ではとても良いことなのですが、ラバーグリップの引っかかりが発生すると扱いにくさが倍増してしまいます。

ということで、このポーチに適した丁度良いサイズの金属軸の複合筆記具を今度探してみようと思います。

 

2014.05.12追記

左右のペンホルダにペンを装着してみました。

普段は右の腰にこのポーチを吊り下げますので、右手が届きやすい=もっとも使用頻度が高いペン部分にはLAMY サファリ Black(EF)を。

ROHDIAにメモを取るにはやはりボールペンよりも万年筆のほうが使い勝手は良いので、サファリを装着。色はポーチの色に近いブラックを装着。

ただし、サファリはキャップをかぶせるタイプの万年筆ですので、10mm軸用のペンホルダには装着できません。

ペン本体は10mm軸なので、下部のペンホルダにはペンそのものを、上部ペンホルダにはサファリの特徴でもあるクリップタイプのホルダをはさみます。 上下ペンホルダ全てにペン軸を通さないので、出し入れはかなり楽になっています。

 

反対のペンホルダにはLAMY 2000 L401 4色ボールペンを装着。

全てのシチュエーションで万年筆が使用できるものではなく、時としてボールペンが必要になる場合があります。

特に赤・青・緑(このLAMYにはオレンジを装着)といった色が必要になる場合もあります。

ただ多色タイプボールペンの場合、安価なプラボディのモノは軸が太かったり(一般には15mmくらいある)、ラバーグリップが付いているのでこのポーチのペンホルダには装着できません。 4Cタイプ金属リフィルを採用する金属軸もしくはそれに類するペンが必要です。

当初はZEBRA シャーボX TS10 3+1ペンを装着しようと考えたのですが、ペンが長いのと、光沢のある金属軸は傷まみれになりそうです。

VanNuysさんのホームページではロットリングの4in1が見本で装着されていますが、こちらも同様だと思います。

 

使い勝手はなかなか良い感じです。

しばらくこれで使用してみようと思います。

2014.05.09

テスター用ケースの製作(2/2)

引き続きトラスコ中山製プロテクターツールケース・M・赤を利用してテスター用のケースに仕立てたいと思います。

 

ハードウレタンを真ん中で切断して二つに分離しましたので、次はテスターやクランプセンサーの形状にくりぬく為に型紙をスポンジにセロハンテープで固定します。

 

まずはテスター(PC720M)の形状にくりぬきます。

この際、カッターナイフは押し切るように刃を当てるのではなく、出来るだけ刃を寝かせて引き切るようにカットするのがコツです。

そうすると切断面が滑らかにカットできるかと思います。

 

くりぬきが完了したのでテスターをはめ込んでみます。

問題なくはまるようです。

 

続いて、クランプセンサー(CL-22AD)の型を切り抜きます。

こちらは型紙の形状に懲りすぎ、型紙通りにくりぬくのにかなり時間を要しました。

 

こちらも無事本体がはまりました。

 

次にテスターケーブル類を収める場所をくりぬきます。

こちらも完了。

 

クランプセンサーとテスター本体を仮置きしてみます。

なかなか良い感じ。

 

ここまではウレタンシート1枚をくりぬきが完了しました。

クランプセンサーはそれほど厚みが無いので、厚さ30mmのウレタンシート一枚分で十分収まっています。

しかしテスターはそれよりも厚みがありますので、2枚目もくりぬく必要がありますが、すべて貫通させてしまってはテスター本体が埋没します。 よって、どの程度本体が飛び出しているか確認します。

おおよそ10mm程度といったところです。

 

2枚目のウレタンは約10mm程度でテスター外形で切れ目を入れ、斜めに削り取っていきます。

 

このウレタンを削りだしていく作業は、薄刃のカッターナイフのメリットを生かします。

黒刃のカッターナイフはとても硬い鋼材を使用していますが、厚さ0.2mmと薄いためばねのようにしなります。

このしなりを利用してウレタンを削りだしていきます。

 

一通り削りだしました。

テスターの部分は、テスターリードホルダー部分が突起になっていますのでそこをくりぬいています。

その他マグネット兼赤外線通信部遮光キャップ部やテスター予備電池(006P用)、クランプセンサー予備電池(単4×2)、そしてケーブル収納部もくりぬき、USB接続ケーブルの格納場所もくりぬきますします。

 

予備電池や、USB接続ケーブルを配置。

特に問題はなさそう。

 

2枚のウレタンシートを両面テープで固定します。

2枚のウレタンがバラバラに伸縮しないよう、出来るだけ接触面の多くを張り合わせるようにします。

そして、ツールケースに装着。

 

すべての収納物を入れてみます。

ちゃんとはみ出すことなく収納できました。

また、ハードウレタンシートは少し大きめ(5mm程度)にカットされているので、ツールケースに装着したときにはケース全体にウレタンが圧迫される形になるので、カットしたウレタン開口部が少し小さくなります。

これがテスター・クランプセンサー類を押さえる方向にテンションが発生しますので、機材の保持力も確保できます。

 

以上でプロテクターツールケースをテスター用ケースにする改造は完了です。

今回の製作では若干ハードウレタンの上部へのせり出しが大きいようで(ウレタンの厚み方向の誤差は多少なりともあるので)、ふたを閉めるとき天面の波状ウレタンがかなり強くハードウレタンを押してちょっと閉めにくい状態になりますがしばらく使用しているとウレタン全体がなじんでそれほど問題になるようなことはないと思います。

どうしても閉めにくいということであれば、別途底面に敷いている波状ウレタンを5mm程度薄くスライスし中材となるハードウレタンを少し下に配置できるようにするのも良いかもしれません。

 

如何でしたでしょうか。

今回は安価なトラスコ中山製プロテクターツールケースを精密機器用の専用ケースに仕立ててみました。

型紙の作図ちゃんと行い、収納する機材の寸法に破綻が無ければ、他の機材でも同様の方法で専用ケース化できると思います。

 

ではでは。

1 / 212