Home > 1月, 2014

2014.01.31

suzanne ciani / drifting & 「Bar Cendriillon」

今しがた、スマホが24:00の時報の音楽が鳴り、ふと思い立って書いています。

 

話のネタとしては神戸ローカルでかつ20年以上前となりますが、Kiss-FM KOBE…ご存知でしょうか?

周波数89.9MHz、今は「兵庫エフエム放送」が運営する放送局ですが、その当時は経営破たんした株式会社Kiss-FM KOBEが運営していました。

開局は1990年。

おとよが会社に入社し、神戸に引っ越してきた翌年です。

 

大阪出身のおとよはFM-OSAKAもしくはNHK-FMを主に聴いていました。

どちらも全国ネットのFM放送・・・良くも悪くも無難な放送内容です。

その中、Kiss-FMのような英語によるナレーションであったり、港町神戸を強く連想させるラジオドラマ「Bar Cendriillon」は今までのFM放送では聞いたことのない個性とお洒落を演出していました。 この頃おとよはまだ駆け出しの見習い技術者で一日おきに徹夜で会社に泊まり、翌日終電帰り、また翌日徹夜・・・このループという今の労働基準法ではありえない生活を送っていたときです。 当然ながら深夜になってくると頭も疲れてきます。

そんな時、深夜00時頃放送される「Bar Cendriillon」は疲れた頭にすっと流れてくる心地よいラジオドラマでもあり、設計図を書きながら、試作品を加工しながら聞き続けていました。

 

「Bar Cendriillon」が終わった後は、ナレーション等の入る一般放送は一旦終了し、夜明けまでSoulやJazzといった煩くない深夜にマッチした音楽が流れ続けます。 時折、00分に時報代わりにピアノ演奏のノクターンが流れ、「あぁ○時になったんだなぁ」と休憩に入ったりしていました。

このとき流れていたノクターンの曲名は当時はあまり気にもしていなかったのですが、神戸の震災後Kiss-FM KOBEは経営業況が一気に悪くなり、深夜の音楽が廃止となり・・時報代わりのノクターンもなくなったころ、ふと「あの曲がまた聞きたいなぁ・・・」と思い、KissFMに直接電話。

その当時流れていたのはなんという曲か…局の方に無理を言って教えていただきました。

局の方もその当時のスタッフはすでに少なくなっていて、アーティスト名と曲名を知っているスタッフに繋がるまで20分くらい掛かったでしょうか・・・やっと繋がったスタッフの方もこの曲の事が好きらしく、何年も経ってから問い合わせが来た事に非常に喜んでいらっしゃいました。

 

そして教えていただいたのがこの曲・・・アーティスト名「suzanne ciani」 / 曲名「drifting」

すぐさまインターネットでCDを検索しますが、日本販売品はすでに絶版。

海外では販売されているようなので、輸入盤を多く扱う大阪駅前タワーレコードに行き「drifting」が収録されているCDを全部ゲット。(3枚くらいあったでしょうか?)

そして、あの時間にKiss-FM KOBEで流れていた「drifting」は「History of my Heart」に収録されてものでした。

 

今はこの輸入盤CDも日本では入手できなくなっているようで、私にとってこのCDは手放すことのではないCDとなりました。(注:Amazon.com等ではまだ販売しているので、海外通販はまだ入手可能です)

そして月日は流れ、ガラケー…スマホと機種は変わっても、今も深夜の時報はこの「drifting」が流れています。

 

また深夜の疲れた頭を癒すように流れていた「Bar Cendriillon」

放送されたドラマのCD化希望など意外に根強いファンがいらっしゃるのも事実。

そん声に応えるように細々と当時の音声テープを入手してはニコニコやYouTubeに公開してくださっている方がいらっしゃいます。 おとよも時々このサイトを訪れては、Barのマスターとお客さんとの会話を懐かしく聞いています。

 

Bar Cendrillon #2-結論-

2014.01.27

Androidのアプリキャッシュ・・・消してますか?

AndroidはマルチタスクOSなのでバックグラウンドに色々なアプリやウィジェットが起動しています。

ただそのアプリの管理方法はちょっと独特で、PCに慣れている人がAndroid(iPhone含む)を障って一番違和感を感じるのが、明確にアプリの終了という機能を持っているアプリが少ないということ。

iPhoneはホームボタンを二度押すことで現在バックグラウンドで動作しているアプリが一覧で見ることが出来、アプリを明示的に終了させることが出来ます。 実はAndroidでもこの機能はアプリキャッシュとし実装されているのですが、あまり詳細が伝わっていないように思います。

 

Androidではメモリ残量が少なくなると利用頻度の低いバックグラウンドアプリをOSが判断して自動的にアプリを終了させているからアプリには終了ボタンなどが装備されていない・・・と解説されます。 これはアプリキャッシュのエントリーでもっとも古いものが削除されているということで、逆にアプリキャッシュにある間はOSがアプリの動作を維持させようとします。

 

よくメモリが足りない時や動作が重いときの対応策としてタスクキラー系アプリが紹介されていますが、このタスクキラーアプリを盲目的に使用するのはあまり意味が無いと思います。 それはアプリキャッシュに残っているアプリをOSが再起動したりしますので余計にメモリフラグメンテーションを発生させてメモリを圧迫したり、CPUに余計な処理を実行させてしまいバッテリーを消費します。(車でいうところの頻繁なアイドリングストップはエコじゃないというのと同じです。)

おとよもタスクキラー系アプリとしては、Memory Boosterを使用していますが、最近はほとんど使用することはありません。

どちらかといえばアプリキャッシュを削除して、バックグラウンドで動作しようとしているアプリを終了 or 沈静化させるほうがメモリやバッテリー的には最善と最近思っています。

 

たとえば、VoIP電話のFUSION SMARTalkアプリを例にアプリキャッシュの影響を見てみます。

 

SMARTalk利用の方には見慣れた画面ですね。

ホームボタンを押してアプリから抜けるか、メニューから終了を選んでホームに戻ります。

そしてアプリから抜けた後のステータスバーを見てみると、SMARTalkの受話器アイコンが青色になっています。

 

ステータスを確認すると、

 

SMARTalkの動作としては通信はプッシュモードになっているようですが「省電力待機中」となっています。

つまりアプリは終了せずに待機していることになります。

アプリキャッシュを見てみると、

 

SMARTalkはダイヤラー画面になっています。

つまりアプリはダイヤラーボタン入力で待機しているということになります。

どのOSでもそうですが、ボタン入力待機というのは意外にCPUを食います。

入力したキー情報を画面に即座に反映する必要があるため、ソフト的にはシステムコール一発でもシステム的には結構忙しい処理です。

実際この状態で待機しているとSO-02Fのバッテリー使用量が1-2%は上昇します。

それくらいシステムに負荷をかけているということになります。

 

ではこのキャッシュにエントリ画面で、全アプリ終了を選択してキャッシュからアプリを追い出します。

 

すると、SMARTalkの受話器アイコンが青色から暗黄色に変化します。

 

ステータスを確認すると、

 

アプリが停止してプッシュ待機となっています。

ステータスバーにアプリがアイコンを表示していますので、アプリとしては最低限の機能は常駐していますがそれ以上の動作はしていません。(SMARTalkのオプション指定でこのステータスバーのアイコンを消して完全アプリ終了にする方法もありますが、こうするとプッシュからの呼びかけにアプリ起動が遅れてしまい受信動作が不安定になる場合があります。)

 

この状態ですと、SMARTalk自体はほとんどCPUに負荷を発生させていません。

先の記事でもこの状態でバッテリー消費の測定を行い、Battery Mixのプロセス監視でもシステム負荷としてはかなり下位にランクされていました。

 

このようにアプリキャッシュに実行状態のアプリが登録されていると、そのアプリが待機状態であっても待機としてのシステム負荷は裏で発生していますので、スマホのメモリ節約やバッテリーの節電には使い終わったアプリはアプリキャッシュから完全削除がより効果的と思います。

 

Xperia Z1f(SO-02F) バッテリー消費

スタミナモードの設定など、色々試行錯誤を繰り返したXperia Z1f(SO-02F)ですが、ある程度バッテリー消費の傾向もつかめて来たので、25日09:00位に充電器をはずしてから26日24:00頃までの約39時間の放電状態を確認してみました。

 

おとよがSO-02Fで使用しているホームアプリはAPEX Launcher pro。 なおAPEX Notifierは使用していません。(随時書き換えが発生しているので結構バッテリーを消費する)

ウィジェットには時計用としてメインスクリーンにMake Your Clock Widget、別スクリーンにスケジュール管理のRefillesとGPSサポートのGPS Widget proを実行しています。 Make Your Clock Widgetを採用しているのは数ある時計用ウィジェットの中でもこれが電力消費の点ではかなり優秀なウィジェットであること。 多くのウィジェットは秒表示していなくともかなり画面の書き換えを実行していて、システムにかなりの負荷を発生させています。 必要なときに必要な部分だけを更新する仕組みを持った時計ウィジェットは中々少ないとおもいます。

その他バッテリーに影響しやすいアプリとしては先日docomo IDの認証でトラブルの現況となった「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」も危険サイトブロック機能は停止したままですがそのまま実行。 待ち受け時のバッテリー消費が話題になりやすい050-SIPフォン(FUSION SMATalk)もプッシュ待ち受け状態で実行しています。

 

この状態で39時間経過後のBattery Mixの計測結果は下記のような状態。

 

ずっとスリープ状態というわけではなく、amazonアプリ・ヨドバシアプリでショッピングや、Twicle plusでのツイート、26日午後にはテザリングを2時間ほど使用したりヘビーな利用ではないものの、それなりに利用していると思います。

しかし、スタミナモードがかなり余計な電波発射やアプリ動作を抑制できているためか、39時間経過してバッテリー残量は64%でした。

スタミナモードで確認してみると、

 

後2日はバッテリー残量があるという計算のようです。

Battery Mixでは後95時間と4日以上持つ計算となっていますが、いずれにしても丸3日以上は持つ結果となりました。

 

ただスタミナモードは何でもかんでもアプリに制約をかけてしまうと、通信制限でエラーとなった場合にしつこくリトライを繰り返すアプリなどでは返って逆効果になる場合もあります。 「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」もそのアプリのひとつで、スリープ中にクラウドサーバーなどへの通信が出来ない場合にかなり頻繁にリトライを繰り返すようなので、このようなアプリはスタミナモード規制対象外とするのが良いでしょう。

 

同様にアラーム系アプリや自動音量コントロール系アプリもアプリ動作が制限されていると狙った動きをしてくれない場合もあります。

決められた時間に決められた動作を期待するものも、スタミナモードから除外すると想定外の動きにならずにすると思います。

これら条件に当てはまらないものは今のところすべてスタミナモードの規制対象として登録しています。

もしかしたらどこかで不本意な動作をするアプリが出でくる可能性もありますが、そのときはまた規制対象からはずしてバッテリー消費を観察するなどして様子を見たいと思います。

2014.01.24

docomo ID設定アプリより謎の「エラーが発生したため、認証できませんでした。」が出た。

SO-02Fのカスタマイズを行っていて、一旦本体を再起動しようと電源をOFFにして再投入するとステータスバーに「ID」の文字が出ています。 なんだこれは? とステータスバーを見てみると、docomoID認証用のバックグラウンドアプリが「エラーが発生したため、認証できませんでした。」とエラーが出ていました。

このメッセージ過去の機種含めて初めて見るメッセージです。

 

原因がわからないままですが。取り敢えず設定メニューから「ドコモのサービス/クラウド」メニューに入って 「docomo ID設定」を呼び出してみます。

一見docomo ID認証は正常な感じで、なにもエラーを出しません。

おかしいなぁ…と思いながら「ドコモメール」を立ち上げると、メールサーバーとの接続処理に入る際に省電力化のために画面が暗転しますが、暗転したままドコモメールは応答停止し、やはりまたステータスバーに「docomo IDの認証に失敗しました。」と出てドコモメールが何をやってもサーバーにアクセス不能になります。

 

いよいよもって挙動が怪しくなってきたので、エラーメッセージを元にググッてみると同じSO-02Fで同様のエラーが出ている方がいらっしゃいました。 この記事によると「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」がWiFiアクセスポイント設定に裏でプロキシ設定しているようで、この設定の影響でdocono ID設定アプリがうまく認証していない様子。

 

そこで、

設定 >> Wi-Fi >> 現在の接続しているアクセスポイント >> ネットワークを変更 >> 詳細オプションを表示にチェック >> 下に送って、プロキシ設定

を確認するとたしかに「手動設定」となっていて、プロキシアドレスは127.0.0.1と自分自身をさしています。

明らかにhttpプロトコルにトラップが掛かっている感じです。

よってこの設定値を「設定しない」にセットします。

そうすること無事docomo IDは認証されるようになりました。

でも再度端末を再起動すると、またproxy設定はカスペルスキーにより自動で書き換えられて、同様にdocomo IDのエラーが出ます。

 

どうもカスペルスキーのブラウザ保護機能でこの設定変更が行われているようなので、カスペルスキーの設定メニューに入り「危険サイト対策」メニューにある「危険サイトブロック」のチェックを外します

すると、WiFiが一旦OFF/ONと自動で再起動しなにやら設定が反映された感じ。

アクセスポイント設定を確認すると、先ほどのプロキシ設定は「設定しない」に戻っています。

とりあえずこれでdocomo ID設定はエラーを出てこなくなりました。

 

でも…カスペルスキーの方では、問題(危険サイト保護が有効でない)が発生していると警告が出ています。

うーむあちらが立てばこちらが立たず…でもdocomo ID認証が通らないとドコモメールが使用できなくなるので今回はこれ以上はどうしようもないようです。

 

これってhttp proxyを設定したカスペルスキーのバグなのか、ドコモのバグなのかどちらになるんだろう。

挙動としてはおそらくカスペルスキーのバグになるんだろうなぁ。

でも、発生したエラーそのものは「docomo ID設定」アプリ。

SO-02FのワールドワイドモデルのXperia Z1 compactではdocomo ID設定アプリを搭載されることは無いので恐らくこの問題は発生することは無い。

 

結局はdocomoキャリアに依存したエラーなので、カスペルスキー対応してくれるかなぁ・・・

2014.01.22

Xperia Z1f (SO-02F)、削除・無効化アプリ一覧

Androidスマホを購入・機種変して一番最初に「メンドクサイ」と感じるのが、メーカー & キャリア謹製プリインアプリの削除&無効化ではないでしょうか?

なぜならプリインストールアプリが何かしらの悪さをする要因になっていたり端末の容量を圧迫する要因になっていたりしますが、要らないアプリをアンインストールするにもどのアプリが不要でどのアプリは消すとまずいことになるか等の情報があまりありません。 さらにAdroidのバージョンやメーカーの違いでそれらアプリの関連性が変化するのが難易度を引き上げています。

中にはアンインストールしても「docomoあんしんスキャン」のようにMacafeeのドライバが消せない・無効化出来ない状態でシステムに張り付いたままになっているものもあったりします。

 

プリインストールアプリを全否定するつもりはないですが、google playのお陰でインストールがより簡単になっているのですから、初期化時にはプリインストールアプリ本体をインストールするのではなくインストーラーのリンクだけを入れるという選択肢はないものでしょうか??

何かしらの事情で本体初期化した場合に、結局プリインストールアプリが古くて更新の嵐になるのですから、ならば消せないドライバとかこっそりインストールされるよりも、リンクでいいやん・・・と思ったりします。
話をもとに戻して…先日機種変したXperia Z1f(SO-02F)はハイスペック名スマホながらかなり省電力設計なモデルで、工場出荷初期状態でもかなり省電力です。 しかし工場出荷状態ではカタログでうたわれる2-3日といった長い時間で使用出来るかというとそうではないです。

これはシステム起動直後から様々なバックグラウンドでアプリが実行されて電池を消耗するためです。

 

しかしうまく設定すれば、1時間あたりのバッテリー消費率は1.0%~1.8%とかなり省電力で動作するのでバッテリーを有効活用する上でも不要なアプリはアンインストールもしくは無効化で対処したいところです。

 

機種変してまだ1週間程しかたっていませんが、おとよの利用状況から当面使う予定の無いプリインストールアプリはばっさりアンインストールもしくは無効化したのが下記リストです。 人により利用状況は様々なのでこれがベストというわけではないですか、今のところ不都合は発生していないので何かの参考になればと思います。

 

アンインストールしたアプリ

削除したアプリ名称備考
あんしんスキャンKaspersky Internet Security 2014をインストールするので
しゃべってコンシェル使わない
カテゴリナビ使わない
診断ツールアプリ使わない
スゴ得コンテンツ使わない
データ保管BOX別の手段を用いるので使わない
データ量確認アプリ誤差がすごくて使い物にならない。Mydocomo見るのが確実
トルカ今まで使ったこと事が無い、今後もまずない。
フォトコレクション使わない
遠隔サポートkasperskyで遠隔操作するので。
取扱い説明書使われるのだろうか? これ。
地図アプリダウンローダ他の地図アプリを使用するので。
名刺作成DL使わない
Contents Headline使わない
dブックマイ本棚DL使わない
docomo WiFiかんたん接続別のウィジェットの方が良くできてる。
iコンシェル使わない
iチャネル使わない
mora使わない
OfficeSuite使わない
Sony Select使わない
TV Sideview使わない
TwitterTwicle Plusを入れているので。
VideoUnlimited使わない
File Commanderesファイルエクスプローラーをインストールするので

 

無効化したアプリ

無効化したアプリ名備考
ウィキペディアプラグインYoutubeのプラグイン。 まず使わない。
オートGPS勝手にGPSを起動して電力消費する。 使わない。
声の宅配便誰も使用している人が居ないので、私も使わない。
しゃべって検索使わない。
スケジュール/メモ・トルカ同期トルカを使用していない
スケジュール&メモ使わない。
スケッチ使わない。
スマートコネクトSonyエンタテインメント関係のサービスは使わない。
セットアップガイド使わない。
ドコモクラウド設定電話帳バックアップの代わりに使用したけど、普段の利用では必要ない。
なによりこれを使用するために電話帳サービスを有効化したくない。
ドコモ位置情報勝手にGPSを起動して電力消費する。 使わない。
ドコモ位置情報SUB勝手にGPSを起動して電力消費する。 使わない。
ドコモクラウド設定使用頻度が圧倒的に少ないのに、常時接続はよろしくない。
ドコモ音声入力使わない。
ドコモ文字編集使わない。
ノート使わない。
バブルライブ壁紙、使用しない。
ハングアウトIM+ proをメインに使用するので使わない。
その後・・・IM+のサービスが不安定になったので、ハングアウトに移行。
フェイスアンロック使わない。
フェーズビームライブ壁紙、使用しない。
ブラックホールライブ壁紙、使用しない。
マジックスモーク壁紙ライブ壁紙、使用しない。
ムービー使わない。
メディアプレイヤー使わない。
ワンセグ使わない。
田舎住人にとってワンセグはもっとも不必要なガラケー機能のひとつ。
音声レコーダー使わない。
声の宅配便使わない。
端末エラー情報送信使わない。
天気ウィジェット使わない。
電卓Panecalを使用するので。
電話帳サービスdocomoスマホでの不安定要因筆頭株。他のアプリで代替できる。
魔法の森ライブ壁紙、使用しない。
Account Manager使わない。
ARエフェクト使わない。速攻で飽きると思う。
Crome使わない。
com.sonyericsson.r2r.client.res.overlay使わない。
com.sonyericsson.setupwizard使わない。
DOCOMO Intialization使わない。
Eメールpopサービスのメールをスマホでは使用しないので。
Exchangeサービス使わない。
Facebook使わない。
FMラジオradikoで代用できる。
Gガイド番組表DLワンセグ利用しないので・・・
Google Play ゲーム使わない。
Google Play ブックス使わない。
Google Play ムービー使わない。
Google+使わない。
Googleテキスト読み上げエンジン使わない。
Googleパートナーセットアップ使わない。
Google歌詞プラグインYoutubeプラグイン・使用しない
Google検索使わない。
iコンシェルコンテンツひつじさん、使わない。
MirrorLinkサービス使わない。
MusicFX使わない。
Picasa Uploader使わない。
PlayStation Mobileおとよはスマホでゲームしないので。
rwpushcontroller使わない。
SakuraPO-BOXの着せ替え用。 おとよはATOKを使用するので不要。
Social live使わない。
Sociallife使わない。
TalkBack使わない。
TV番組プレーヤー使わない。
WoodyPO-BOXの着せ替え用。 おとよはATOKを使用するので不要。
Xperia AppShare使わない。
Xperia Calender Sync使わない。
Xperia FB Setup使わない。
Xperia Friends’ Music使わない。
Xperia Music Likes使わない。
Xperia Share使わない。
Xperia Social Engine使わない。
Xperia Social Engine Photos (Facebook)使わない。
Xperia Social Engine Photos (Picasa)使わない。
Xperia Social Engine Sharing (Facebook)使わない。
Xperia Social Engine Sharing (Twitter)使わない。
Xperia Twitter Setup使わない。
Xperia with Facebook使わない。
Xperia with twitter使わない。
YoutubeカラオケプラグインYoutubeプラグイン・使用しない
YoutubeプラグインYoutubeプラグイン・使用しない

アプリの無効化機能はAndroid4.0からの追加機能ですが、これも元々は必要な機能はアプリで追加してシステム内の初期ROMには必須のアプリのみを入れて保護(消去できない)する・・というGoogleの思惑に反して、メーカーがマストではないアプリを盛大にプリインストールして市場の大顰蹙を買ったのがきっかけなんですよね。

お陰でAndroidのカスタマイズ性は高まったのかもしれないですが、なんともマヌケな話だと思います。

1 / 3123