« | »

2013.12.31

LAMY Al-Star L21 Rubyをゲット。

先日Amazon(worldwide)で入手困難とあきらめていたLAMY Al-Star L21 Rubyですが、eBay-ukにてまだ在庫品を扱っている文具屋さんがありました。 イギリスの文具屋さんで若干プレミア価格がついていたのですが、それでも日本の販売価格よりは安価(£30)だったので、残数6本というにも後押しされてEFニブで2本注文。

発注して10日程で国際郵便で発送されてきました。

 

梱包がブリスターバックという名称になっていたので、日本のような簡易包装をイメージしていたのですが、LAMYロゴ入りで専用のビニル製のケースに入っていました。 ちょっとしたペンケースにもなりますね。

以前ドイツ本国より取り寄せたものでは、厚紙ケースに入っていて本当に簡易包装という感じでしたが、お国が違えば簡易梱包といえど中身も変わってくるのですね。

 

Al-Star L21 Rubyは深い赤色のボディなのですが、なかなかデジカメで正しい色を表現することが難しいです。 一応、デジカメのホワイトバランスをマニュアルにセットして、背景の紙の白を基準として撮影しています。

でもちょっと・・・色が朱に転んでいるんですよね。

 

今回、ペン先(ニブ)はEFで購入していますが、実はL21 RubyはLAMYのカタログ上ではB / M / Fしか販売されていません。 もともとEFというのは日本と北米向けといわれるくらい少数販売なので、L21のような限定品ではあまり採用されないのです。

で…この本体はというと、おそらく店舗側で別途ニブを交換して発送されているようです。

いずれにしても、純正シルバーのニブではなく、黒色ニブに交換予定でしたので、ニブの交換を行います。

今回は神戸インク物語の「ルノワールピンク」を入れる予定なので、あまり細すぎないように、Fのニブを使用します。

 

LAMY SafaruやAl-Star等で採用されている、スチールニブの交換は実はとっても簡単。

ニブにセロハンテープを貼り付けて…きゅっと引っ張ると外れます。

 

外してみて意外なことに気がつきました。 ニブやペン芯が汚れているのです。

LAMYが生産時にインクフローを確認するのは薄いブルーを採用しています。

 

でもこの例ではブルーブラックのインクですね。

おそらく、EFニブに換装したときに試し書きをしたのでしょう。

ペン芯内部にまではインクが上がっていないので、つけペンで使用したというところでしょうか。

 

このままルノワールピンクを充填するのは色が混ざってよろしくないので、ペン芯含めて全体を清掃します。 ペン芯もニブと同様セロハンテープで先端を引っ付けて引っ張るとペン芯が本体から抜けてきます。 そしてお湯で残留インクを洗い流します。

洗い流したら、綺麗に乾燥してします。(写真のニブは交換用の黒色Fニブです)

 

後は逆順にはめ込んでいくだけ(はめ込むだけなのでセロハンテープは不要)

黒色Fニブを装着して完成です。

LAMYでは黒色ニブは一部のモデルのみに採用されているのみであまり見かけないのですが、Al-Starはグリップ部が半透明ブラックなので黒色ニブが良く似合います。ちょっと引き締まった感じになります。

 

インク充填は年明けにでも…その他万年筆のインク充填もあるのでその時に行います。

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">