« | »

2013.12.06

ドコモメールをインストールしてみた。

おとよが使用しているスマホは2012年7月に機種変したELUGA P-06D…docomo最後のFOMAスマホです。

 

2013年春頃からSPモードメールが不安定で我慢できず、富士通製の「CommuniCase」をインストールしてdocomo.ne.jpメールを使用していましたが、このP-06Dに12月3日にドコモメールのアップデート配信が開始されました。

ドコモメールは従来のメールシステムからIMAP相当のメールシステムに根本的なシステム変更となり、年明けくらいには一般的なIMAP対応メーラーでもメールの取り扱いが出来るようになるとか。 また先行して配信された機種にてインストールした人たちのネットでの評判も上々。

 

これは乗り換えるが吉でしょ…と、P-06Dにインストール(アップグレード)をしました。

20131204225332

 

が…軽い気持ちと裏腹に、実際には無事に動作するまでかなり大変でした。

 

というのも以前「CommuniCase」に切り替えたときにSPモードメールはもう使わないからとアンインストールしたのですがここに落とし穴が。

ドコモメールはドコモの案内では、ドコモアプリケーションマネージャーからアップデート機能でインストールできるとなっていたのですが、私の場合アップデートメニューが出てきませんでした。 もしかして、プリインストールアプリをジャンジャン無効化した弊害でなにか重要なアプリを止めてしまっているのか…と色々悩み、ドコモの案内文をよく読んでみるとドコモメールは新規インストールではなくアップデートである…という記述。

そう、SPモードメールの置き換えアプリなのでSPモードメールがインストールされていないとドコモメールにアップデートできないようになっているようです。

なのでdメニューから入り、お客様サポート → アプリインストール → SPモードメールにたどり着いてあらためて新規インストールしようとすると、「お客様の機種では下記のアプリが使用できます」とドコモメールのインストールボタンも一緒に併記・・・

そうなんですねdメニューから入ったときにドコモメールのインストールページがないのでおかしいなぁ…と思っていたらSPモードメールのページの中にあったようです。

 

ここにたどり着くまで約1時間…そしてインストールするとあっけなく動作。

(注:CommuniCase側から、CommuniCaseで受信せずにSPモードで受信するという設定をしないとドコモメールはPUSH受信してくれないのでここは要注意)

 

設定を済ませると、これまでの不安定なキャリアメールはなんだったのか…と思えるほど快適です。

キャッシュが効いているとはいえ基本IMAPタイプのWEBメールですから、受信フォルダを開くときはサーバーとの同期の為ちょっとしたタイムラグはありますが、読み込んでしまえば快適。

特にメールの送信はかなりよい感じです。

SPモードメールやCommuniCaseではメール送信時、メールサーバーとプロトコル確立に結構な時間が必要だったの対して、ドコモメールはIMAPベースメールだらか、必要な情報をサーバー一気に投げて、手続きはサーバー側で行っているらしく送信後の復帰がかなり早い。

電波が不安定な環境(列車内とか)ではちょくちょく送信エラーになりがちだったのがかなり改善されるのではないかな。

 

まだ使い始めて1日ほど、全ての機能を掌握できていないのでメール割り振り設定など諸設定はぼちぼちやって行こうと思います。

(ユーザー / グループごとに条件設定で鳴り分け設定・鳴動時間個別設定できるというのはガラケー以上の機能なのでここは手放しで気に入りました)

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>